本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中のアプリコンテストからKANAZAWAアプリ開発塾(2014)開催結果
印刷用ページを表示する
 

KANAZAWAアプリ開発塾(2014)開催結果

 4グループの学生たちが、IT技術者などのアドバイスを得ながらアプリケーション開発に取り組み、以下の4アプリケーションが公開されました。
 

公開アプリケーション

Gyozy

Gyozy

【グループ名】
 石川高専越野研究室
【作品概要】
 金沢市のオープンデータになっているイベントをわかりやすく、見やすく表示するアプリです。
【公開】
 Google Play(Gyozy)

ぱぱっと金沢

ぱぱっと金沢

【グループ名】
 KIES
【作品概要】
 今いる場所から近くにある施設をカメラでかざして知ることができます。
また、その施設までの行き方もマップで知ることができます。
【公開】
 Google Play(ぱぱっと金沢)

金沢穴場観光アプリ

金沢穴場観光アプリ

【グループ名】
 JAIST
【作品概要】
 金沢のマイナーな観光スポット、穴場スポットを紹介するアプリです。
【公開】
 Google Play(金沢穴場観光アプリ)

PicStory

PicStory

【グループ名】
 KITアンドロイドプロジェクト
【作品概要】
 スライドショーを作成するアプリです。
【公開】
 App Store(PicStory)

IT技術者等からのアドバイスの様子

石川高専越野研究室

KIES

JAIST

KITアンドロイドプロジェクト

開催概要

【目的】
 若年層がIT技術者などのアドバイスを得ながらアプリケーション開発に取り組むことにより開発スキルの向上を図るとともに、金沢の魅力発信や地域の課題解決につながるアプリケーションの提供を促進します。
【募集期間】
 平成26年6月12日(木)~7月11日(金)
【募集対象者】
 スマートフォンアプリの開発を行う学生グループ
 ※ただし、金沢市及び近郊の大学院、大学、短大、高等専門学校、専門学校、高等学校の学生2名以上で構成されていることを条件とします。
【募集テーマ】
 金沢を元気にするアプリケーション
 ※自らが発見した地域課題の解決などにつながるアプリケーションであることを条件とします。
【選考】
 7月下旬(予定)に、企画書を基に審査員と面談を行い、グループを決定します。
 ※選考されたグループは、平成27年2月末までにアプリケーションの一般公開(App Store、Google Playに登録公開など)を開始してください。
【選考後の支援】
 ・IT技術者による定期的なセミナーを開催し、アプリ開発の支援を行います。
 ・回数を事前に決めて個別アドバイスを行います。
 注意事項:開催場所(金沢市内を予定)までの交通費は参加者負担となります。
【成果発表等】
 KANAZAWAスマホアプリコンテスト2014二次審査にあわせ、プレゼンテーションを行い、最優秀プレゼングループを決定します。

問い合わせ先

都市政策局 情報政策課 ICT推進室
電話番号:076-220-2014
FAX番号:076-220-2777
ict@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。