本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の文学のまち金沢から泉鏡花記念金沢市民文学賞
印刷用ページを表示する
 

泉鏡花記念金沢市民文学賞

泉鏡花記念金沢市民文学賞

  • 市民の文芸活動の一層の充実を図り、文芸を通じた豊かな市民文化の形成を期待して、泉鏡花文学賞と併せ設けられました。
平成28年度(第44回)の対象作品及び応募方法は以下のとおりです。
詳細は、「作品募集パンフレット」(PDF)をご参照ください。

作者の要件

  • 金沢市に現在居住している方
  • 金沢市に過去に居住していた方
  • 金沢市内に現在通勤・通学している方
  • 金沢市内に過去に通勤・通学していた方
       ※いずれも証明するものを添付してください

作品の要件

作品のジャンル

  • 日本語による文芸作品
        (例) 小説・戯曲・評論・随筆など散文型のもの
            詩・短歌・俳句・川柳など短詩型のもの

作品の形態

  • 原則、製本・出版されたもの(単行本や同人誌・雑誌等に掲載されたもの)
  • ただし、未発表作品で、かつ、指定の形式で作成された場合のみ、ワープロ原稿でも受け付けますが(指定形式は下記の「ワープロ原稿の書式」欄をご参照ください)、受賞の際には製本したものを5部提出すること。

出版・制作日

  • 平成27年8月1日から平成28年7月31日までに刊行または制作されたもの

その他

  • 雑誌等に連載中の作品は完結時に一編の作品として対象にします。
  • 故人の作品、既に授賞された方の作品、選考委員(委員の任期中)の作品は対象としません。

ワープロ原稿の書式

  • 手書きは受け付けておりません。
     散文型の作品
       原稿用紙は使わずに、横長A4サイズの用紙に縦書きで、
       1ページ40字×30行、文字サイズ10〜12ポイント程度で、
       10枚以上100枚以下を目安とします。
     短詩型の作品
       詩は5編以上、短歌・俳句等は30首(句)以上を目安とします。
  • いずれの場合も、原稿を6部(他薦の場合は1部)提出してください。
  • 作品名及び作者名を記載した表紙(厚紙)を付け、紐綴じとし、本文の下部にページ番号を付けてください。

応募方法

  • 自薦、他薦は問いません。
  • 応募作品用紙に必要事項を記入の上、作品とともに以下の応募先に送付してください。
  • 応募作品を6部(他薦の場合は1部)提出するとともに、上記の作者要件を証するものを添付してください。
  • 応募作品は原則返却いたしませんが、返却を希望する場合は、応募作品用紙に明記してください。
  • 受付締め切り 平成28年7月31日(日)(郵送の場合、当日消印有効)

応募・問い合わせ先

〒920-8577 金沢市広坂1丁目1番1号
金沢市役所文化政策課「市民文学賞」係
TEL 076-220-2442 FAX 076-220-2069

応募・表彰など

  • 受賞作品の発表は、平成28年10月(予定)に記者発表します。
  • 受賞者には、正賞「八稜鏡」及び副賞(賞金30万円)を贈呈します。
  • 授賞式は、平成28年11月上旬に泉鏡花文学賞の授賞式に併せて行う予定です。

過去の受賞作品

年度 作 品 名 作 者 名
1昭和48能登のお池づくりかつお きんや
加賀女人系(下)加賀女人系取材班
2昭和49城下西 敏明
3昭和50奪われるもの水芦 光子
4昭和51暗くて長い穴の中荒川 義清
北陸の風土と文学藤本 徳明
5昭和52派兵 第3部 雪と吹雪と
派兵 第4部 凍土の孤影
高橋 治
6昭和53長町ひるさがり大戸 宏
冬の梢 岩田記未子歌集岩田 記未子
7昭和54季節の詩万足 卓
能登・人に知られぬ日本の辺境宮崎 正明・訳
(パーシヴァル・ローエル・著)
8昭和55三面鏡黒田櫻の園
江馬細香-化政期の女流詩人門 玲子
9昭和56歌集 惜春鳥津川 洋三
犀川べりで和沢 昌治
10 昭和57尾てい骨熊谷 宗秀
詩集 職人の道具の詩小笠原 啓介
11昭和58幻想の病理 泉鏡花の世界吉村 博任
暮らし12ヶ月 女の心仕事千代 芳子
12昭和59俳句自画像中西 舗土
山口記を歩く国本 昭二
13昭和60大連物語浅野 幾代
歌集 石の花安達 龍雄
14昭和61詩篇 える堀内 助三郎
死よ何というつらさ内村 晋
15昭和62時光 梶井重雄歌集梶井 重雄
森美禰歌集 微微少少森 美禰
16昭和63かがやく山のひみついいだ よしこ
17平成元草の碑 満蒙開拓団・捨てられた民の記録藤田 繁
句集 瑶珞中山 純子
18平成2川柳句集 浅野川奥 美瓜露
花落ちて未だ掃かず坂野 雄一
19平成3七百二十日のひぐらし木倉屋 銈造
紙の真鯉井上 雪
20平成4枇杷の葉の下寺本 まち子
歴史を刻む音大森 定嗣
21平成5歌集 曙橋まで三井 ゆき
22平成6参勤交代道中記 加賀藩史料を読む忠田 敏男
句集 花菜小西 久子
23平成7オーズボン紀行今井 一良
はるかなる黒河の流れ大坪 重幸
24平成8句集 時雨虹本岡 歌子
五月の晴れた日のように上野 祥子
25平成9松田章一戯曲集 和菓子屋包匠 他松田 章一
幻の琴師麻井 紅仁子
26平成10芭蕉・北陸道を行く密田 靖夫
句集 雪安居市堀 玉宗
27平成11反戦川柳作家 鶴彬深井 一郎
28平成12青の暦一九七〇山下 渉登
歌集 銀桃喜多 昭夫
29平成13短編小説集 波うちよせる家遠矢 徹彦
青年医学徒の沖縄戦回想記遠藤 幸三
30平成14銀杏坂松尾 由美
銭屋五兵衛と北前船の時代木越 隆三
31平成15句集 桐の花高島 筍雄
32平成16中村薺詩集 を中村 薺
寺島蔵人と加賀藩政-化政天保期の百万石群像-長山 直治
33平成17卯辰寺本 親平
コクトー、1936年の日本を歩く西川 正也
34平成18かざりや清次剣町 柳一郎
詩集「羅針盤」四方 健二
35平成19短編童話集3 「飛べ、紙の鳥」西村 彼呂子
キリシタンの記憶木越 邦子
36平成20無愛想なアイドル杉本 りえ
前田慶寧と幕末維新 最後の加賀藩主の「正義」徳田 寿秋
37平成21中世加賀「希有事也」の光景中橋 大通
38平成22歌集 薔薇図譜三井 修
39平成23長塚節「土」 -鈴木大拙から読む安田 速正
ホスピスが美術館になる日 -ケアの時代とアートの未来-横川 善正
40平成24手をつなげば、あたたかい。山本 加津子
句集 晴天泉 紫像
41平成25百年のあとさき 「米澤弘安日記」の金沢砺波 和年
歌集 海光国見 朝子
42平成26泉 鏡花 逝きし人の面影に小林 弘子
中藤久子歌集「百年のひかり」中藤 久子
43平成27能登の夕凪藤川 六十一
中谷泰士詩集 桜に偲ぶ中谷 泰士

お問い合わせ先

文化スポーツ局 文化政策課
電話番号:076-220-2442
FAX番号:076-220-2069
bunshin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。