本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップから金沢縄文ワールド TOP
印刷用ページを表示する
 

金沢縄文ワールド TOP

金沢縄文ワールド



企画展 「小矢部と金沢の縄文土器」 開催中!

会期  平成30年7月22日まで


縄文体験コーナーも同時開催中!

 6月の期間限定メニューは くみひも作り です。


 

イベント案内

・企画展「小矢部と金沢の縄文土器」開催中です!
  内容  小矢部市と金沢市の縄文遺跡から出土した縄文土器を展示し、両市の関連性を紹介します。
  会期  平成30年3月20日(火) から 7月22日(日)まで

【列品解説】企画展と常設展の展示資料を当館職員がわかりやすく解説します。
  平成30年4月1日(日)、4月29日(日)、5月27日(日)
  各回午後2時から約40分間
   事前申し込みは不要です。
   時間までに金沢縄文ワールド展示室にご集合ください。
  ※全ての日程が修了しました。多数のご参加ありがとうございました!


 

金沢縄文ワールドについて

国史跡チカモリ遺跡出土の柱根(石川県指定文化財)および高度な技術を示す中屋サワ遺跡出土品(国重要文化財)をとおして、金沢の縄文時代を体感できる展示室です。

 

シンボル展示

チカモリ遺跡の環状木柱列を再現した空間の中で、スクリーンから流れる縄文時代のイメージ映像により太古の昔にタイムスリップできます。

 

シンボル展示

常設展示 「巨木の文化」と「漆と装飾」

巨木の文化」と「漆と装飾」の2つのテーマから、チカモリ遺跡の柱根(石川県指定文化財)と中屋サワ遺跡の出土品(国重要文化財)を展示しています。

 

金沢市内や石川県内の遺跡から出土した遺物を様々なテーマで展示します。

【開催中の企画展】
  小矢部と金沢の縄文土器
   平成30年3月20日 から 7月22日 まで
   富山県小矢部市と金沢市は市域を東西に接し、古くからさかんな交流が行われてきました。
   歴史や文化財の面でも、古来より深い関わり合いがあったことは広く知られています。
   国史跡「加越国境城跡群及び道」が両市にまたがって指定されていることはその一例といえます。
   では、その繋がりはいつごろから行われていたのでしょうか?
   実は、縄文時代にまで遡ることができるんです!
   今回の企画展では、両市の縄文遺跡から出土した縄文土器を展示し、その共通点を紹介します。

 

映像やクイズで縄文時代の金沢を楽しく学ぶことができます。

 

いろいろな古代体験を無料で行うことができます。
  • 通年メニュー  5種類  いつでも体験することができます。
  • 期間限定メニュー  7種類  毎月内容が変わる特別メニューです。
体験メニューのくわしい内容は ココ をクリックしてご確認ください。

 

施設案内図

施設案内図

イメージキャラクター

イメージキャラクター

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課 埋蔵文化財センター
電話番号:076-269-2451
FAX番号:076-269-2452
maibun@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。