本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から堅田城跡
印刷用ページを表示する
 

堅田城跡

記念物 史跡
堅田城跡 (かただじょうあと)

所在地 金沢市堅田町・岩出町・深谷町地内
市指定史跡 平成18年7月11日指定

 堅田城跡は標高113メートルの丘陵先端部に立地し、北陸道・小原越(おはらごえ)といった当時の主要街道や、日本海・河北潟(かほくがた)・森下(もりもと)川を見渡すことができる水陸交通の要衝に位置しています。現在の城跡は曲輪(くるわ)や櫓台(やぐらだい)、虎口(こぐち)、堀切(ほりきり)、畝形阻塞(うねがたそさい)切岸(きりぎし)を見ることができ、発掘調査の結果、室町時代〜安土・桃山時代の姿を良好にとどめ、典型的な中世山城の姿を残していることが判明しました。また、弥生時代後期、飛鳥時代、鎌倉時代の土器なども出土しており、様々な時代にこの場所が利用されていたことがわかっています。
 山裾には鎌倉時代の館(やかた)跡(あと)である堅田B遺跡があります。この館跡の堀跡(ほりあと)からは市指定文化財の巻数(勧請)板(かんじょういた)という木簡と共に中国産高級陶磁器や国産土器・漆器などが多量に出土しています。

堅田城跡

お問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。