本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から金沢城惣構跡
印刷用ページを表示する
 

金沢城惣構跡

記念物 史跡
金沢城惣構跡 (かなざわじょうそうがまえあと)

所在地 金沢市広坂1丁目128番外
市指定史跡 平成20年12月26日指定
平成29年6月29日追加指定

 惣構は、城を中心とした城下町を囲い込んだ堀(ほり)や、堀の城側に土を盛り上げて造った土居(どい)などの防御施設のことである。金沢城下町には、慶長4年(1599年)に造られた「内惣構」と慶長15年(1610年)に造られた「外惣構」が二重に巡っている。
 造成時の堀は深いところで約5メートルもあったとされ、土居は堀底から最大9メートルの高さを測ったといわれている。明治時代以降、防御線としての機能が失われたため、大部分の土居は堀の埋土として使用されて消失した。堀部分は、かつてより幅が狭まって用水として使われている。
 内外惣構は、金沢城から見て東西に分かれているため、それぞれ「東内惣構」・「西内惣構」・「東外惣構」・「西外惣構」と呼ばれ、その延長は約9キロメートルを測る。 西内惣構跡宮内橋詰(くないばしづめ)遺構は、堀と土居の関係が良好に残る数少ない地点である。かつては幅10メートルあったともいわれる堀は埋め立てられて現在堀幅は約4メートル、深さは約3メートルとなっているが、堀の城側には高さ約2メートルの土居が残っており、堀底からの高さは約5メートルを測る。400年前の築造当時の姿ではないが、往時の惣構を後世に語り継ぐ貴重な遺構である。

西外惣構跡宮内橋詰遺構
西外惣構跡宮内橋詰遺構

東内惣構跡枯木橋詰遺構
東内惣構跡枯木橋詰遺構

関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。