本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産の中の埋蔵文化財から(国指定)チカモリ遺跡
印刷用ページを表示する
 

(国指定)チカモリ遺跡

記念物 史跡:チカモリ遺跡

【所在地】金沢市新保本5-47
【国指定史跡】昭和62年2月23日指定
【指定面積】4,456.17平米

金沢市西南部にある縄文時代後期〜晩期の集落遺跡です。昭和55年に行われた発掘調査では、349点の木柱根が発掘されました。なかでも環状木柱列(かんじょうもくちゅうれつ)は、直径約60〜90センチメートルのクリの巨木を縦に半分に割り、切断面を外側に向けて直径約7メートルの円形に立て並べたもので、全国ではじめて発見されました。この環状木柱列の用途・機能については様々な意見があり、現在でも明らかになっていません。
遺跡の中心部は「チカモリ遺跡公園」として整備され、環状木柱列などが復元されています。
遺跡公園に隣接する「金沢市埋蔵文化財収蔵庫」には、チカモリ遺跡をはじめとして、市内の遺跡から出土した遺物を時代別に展示してあります。そのうち、チカモリ遺跡出土の柱根57点については、石川県指定文化財に指定されています。

チカモリ遺跡

アクセス

自家用車

  • 北陸自動車道金沢西ICから5分

バス

  • 兼六園下から北陸鉄道バス上荒屋行きに乗車(25分)新保本町バス停下車徒歩10分

近くの見学施設

お問い合わせ先

都市政策局 歴史文化部 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。