本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から加賀宝生
印刷用ページを表示する
 

加賀宝生

無形文化財 :芸能
加賀宝生(かがほうしょう)

所在地 金沢市内
市指定文化財 昭和25年8月11日指定

徳川時代の能楽は、幕府および諸大名の式楽として保護され栄えてきました。加賀藩では、初代藩主前田利家から代々金春流を主として愛好してきましたが、五代藩主綱紀のとき宝生流を取り入れ、概ね宝生流に統一され、以後隆盛をきわめてきました。
加賀宝生の名称が文献に記されるようになったのは、宝生流15代宗家宝生友千(紫雪、文久3年金沢で没)が金沢に来てから以降で、また謡い方や所作の一部に加賀独自の特色があることは紫雪による流布の影響とも考えられています。
金沢の能楽は藩主を頂点とし、武家をはじめ、細工所の諸工人がシテ以外の三役を習得したという伝統に培われ、庶民間にも公布したものです。正月の謡い初め、氷室会、建前、ヨメドリなどにも演ぜられました。「金沢へ行くと松の上から謡が降って来る(植木屋)」のたとえは、能楽が庶民の間でもいかに隆盛したかを物語っています。

加賀宝生

関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。