本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の文化財と歴史遺産から旧加賀藩士高田家長屋門
印刷用ページを表示する
 

旧加賀藩士高田家長屋門

指定保存建造物:
旧加賀藩士高田家長屋門(きゅうかがはんしたかだけながやもん)

所在地 金沢市長町2丁目6番1号
指定保存建造物 昭和62年4月11日指定

藩政期に平士級550石だった高田家の長屋門です。建築時期は不明ですが、文久年間(1861~1864)のものと伝えられています。現在は金沢市の所有となり、創建遺構に改造変更された部分を復元しています。屋敷自体は残存していませんが、明治の比較的早い時期、この長屋門の後部に増築する形で住居が付加されました。この時、門口が玄関とされ、右手に位置する仲間部屋も改造されました。また、馬屋および納屋部も台所などに変更されていました。
門口両袖の長屋は、見事な戸室石の亀甲積みの上に載っています。しかし、この石積みは、実は薄い板石を張ったもので、これが創建当初からのものであるかは不明です。
長屋の内部については、古い柱を手がかりに、間取りがほぼ復元されました。入り口の右手の長屋内部は仲間部屋であったところです。間口1間分がその玄関であり、残りの8畳大が居室であったと考えられます。玄関土間以外はいずれも板の間で、部屋には囲炉裏が切られていたと思われます。
左の長屋の内部は馬屋と納屋であり、いずれも土間の空間です。

旧加賀藩士高田家長屋門(きゅうかがはんしたかだけながやもん)

関連リンク

問い合わせ先

文化スポーツ局 文化財保護課
電話番号:076-220-2469
FAX番号:076-224-5046
bunkazai@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。