本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の歴史都市金沢のまちづくりから伝統的建造物群保存地区
印刷用ページを表示する
 

伝統的建造物群保存地区

伝統的建造物群保存地区(伝建地区)とは...

戦後の高度経済成長に伴う都市開発の中で、伝統的な建物が急速に姿を消し、歴史的なまちなみや景観が失われていきました。こういった状況に対する危機感から伝統的建造物やこれと密接な関係にある樹木、庭園、水路、石垣などを含む歴史的なまとまりをもつ地区を伝統的建造物群保存地区として決定し、保存を図るものです。
保存を通して地区の生活や生業に新たな息吹を呼び込もうと設けられたのが伝統的建造物群保存地区の制度(伝建制度)で、この制度は昭和50年の文化財保護法の改正に伴い新たな文化財の種類として位置づけられました。
国は市町村からの申出を受けて、我が国にとって価値が高いと判断したものを重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定します。

金沢市の伝統的建造物群保存地区

  • 東山ひがし重要伝統的建造物群保存地区(重伝建選定 平成13年11月14日)
  • 主計町重要伝統的建造物群保存地区(重伝建選定 平成20年 6月 9日)
  • 卯辰山麓重要伝統的建造物群保存地区(重伝建選定 平成23年11月29日)
  • 寺町台重要伝統的建造物群保存地区(重伝建選定 平成24年12月28日)

パンフレット

保存計画

お問い合わせ先

文化スポーツ局 歴史都市推進課
電話番号:076-220-2208
FAX番号:076-224-5046
rekishitoshi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。