トップページ 用語集/参考資料 お知らせ/実施実績

金沢版交通環境学習

交通環境学習とは交通環境学習の流れと種類発展版学習プログラムとは学習プログラム使用教材はこちら
トップページ > お知らせ/実施情報
お知らせ/実施情報
 

お知らせ / 実施情報

2017.1.24 平成28年度交通環境学習(発展版)の実施報告について

平成28年度の交通環境学習(発展版)を以下のとおり実施しました。

○富樫小学校 (4年生、5年生、6年生 サマースクール 8月3日実施)  
 実施プログラム:「バスとクルマの二酸化炭素の関係を調べよう」
  
 サマースクールのメニューとして実施しました。地球温暖化と交通の関係や金沢のバスについて事前授業を実施したあと、実際に校下の4交差点で交通量と二酸化炭素の濃度を測定しました。その後、教室にて測定結果を集計し、マップを作成しました。4年生~6年生といういろんな学年が混ざっての学習でしたが、チームワーク良く調査を進めることができました。

 



○金石町小学校(3年生 10月7日実施)  
  実施プログラム:「バスとクルマの二酸化炭素の関係を調べよう」

 初めての3年生の授業でした。地球温暖化と交通の関係や金沢のバスについて事前授業を実施したあと、実際にクラス毎に校下の大きい交差点と小さい交差点の各2交差点にて交通量と二酸化炭素の濃度を測定しました。その後、教室にて測定結果を集計し、マップを作成し、測定地点による二酸化炭素量の違いについて意見交換。市内の他の場所の二酸化炭素量についてもスライドで説明。クイズ形式も取り入れ、楽しく学べました。


  
 発展版交通環境学習は、いろいろなメニューから先生との打合せによりいくつかを選択・組み合わせて実施することができます。生徒の皆さんも生き生きと楽しく学習することができます。

 今後、実施を検討したり、今年度の実施プログラムの詳細をお知りになりたい先生は下記までお問い合わせ下さい。
 
  (問い合わせ先)
   金沢市歩ける環境推進課 TEL:076-220-2371 まで

2016.3.31| 平成27年度交通環境学習(発展版)の実施報告について

平成27年度の交通環境学習(発展版)を以下のとおり実施しました。

○西南部小学校 (4年生、5年生 サマースクール 7月27日実施)  
 実施プログラム:「交通すごろく」
  
 サマースクールのメニューとして「交通すごろく」を実施しました。金沢におけるバスの種類や歴史等を学んだ後、児童がコマとなり体を動かしながら、くるまとバスを使い分けゴールを目指す交通すごろくゲームを実施しました。ゲーム終了後にはゴールまでに排出した二酸化炭素を計算し、バスが環境にやさしい乗り物であることを学びました。

 

○浅野川小学校(4~6年生 7月22日実施)  
  実施プログラム:「バスとクルマの二酸化炭素の関係を調べよう」

 サマースクールのメニューとして実施しました。地球温暖化と交通の関係や金沢のバスについて事前授業を実施したあと、実際に校下の4交差点で交通量と二酸化炭素の濃度を測定しました。その後、教室にて測定結果を集計し、マップを作成しました。


○西南部小学校 (5年生3クラス 10月20日実施)  
 実施プログラム:「交通すごろく」
 
 金沢におけるバスの種類や歴史等を学んだ後、児童がコマとなり体を動かしながら、くるまとバスを使い分けゴールを目指す交通すごろくゲームを実施しました。 すごろくゲームを通じて、普段の生活における交通手段の選択や乗り物の違い(クルマとバス)による二酸化炭素排出量の関係を考えました。


  
 発展版交通環境学習は、いろいろなメニューから先生との打合せによりいくつかを選択・組み合わせて実施することができます。生徒の皆さんも生き生きと楽しく学習することができます。

 今後、実施を検討したり、今年度の実施プログラムの詳細をお知りになりたい先生は下記までお問い合わせ下さい。
 
  (問い合わせ先)
   金沢市歩ける環境推進課 TEL:076-220-2371 まで

2015. 3.13| 平成26年度交通環境学習(発展版)の実施報告について

平成26年度の交通環境学習(発展版)を以下のとおり実施しました。

○鞍月小学校 (4年生4クラス、1回目:7月9日・10日 2回目:9月3日・4日実施)  
 実施プログラム:「環境にやさしいクルマの使い方を考えよう」
  
 昨年度に引き続き、4年生が実施しました。1回目の授業では各児童が普段の家庭でのクルマの使い方を調査し、環境にやさしい交通行動をするためのプランを作成しました。
 夏休み中に各自が作成したプランを実践し、2回目の授業では実践した結果から削減できた二酸化炭素の量を計算しました。二酸化炭素の削減量は、4年生全体で2リットルペットボトル197,144本分にもなりました。最後に、この授業で学んだことを標語にしました。「これからも二酸化炭素を減らすようバスや自転車を使いたい」と感想を発表しました。また、11月の学習発表会では、この時に学んだことも踏まえて環境についての発表をしました。


○長坂台小学校(5年生2クラス、9月19日実施)  
  実施プログラム:「バスとクルマの二酸化炭素の関係を調べよう」

 地球温暖化と交通の関係や金沢のバスについて事前授業を実施したあと、実際に校下の6交差点で交通量と二酸化炭素の濃度を測定しました。その後、教室にて測定結果を集計し、マップを作成しました。測定結果について、どうして違いが出るのかを皆で考えました。


  
 発展版交通環境学習は、いろいろなメニューから先生との打合せによりいくつかを選択・組み合わせて実施することができます。生徒の皆さんも生き生きと楽しく学習することができます。

 今後、実施を検討したり、今年度の実施プログラムの詳細をお知りになりたい先生は下記までお問い合わせ下さい。
 
  (問い合わせ先)
   金沢市歩ける環境推進課 TEL:076-220-2371 まで

2014. 2.27 | 平成25年度交通環境学習(発展版)の実施報告について

平成25年度の交通環境学習(発展版)を以下のとおり実施しました。

○鞍月小学校 (4年生4クラス、1回目:7月16日・17日 2回目:9月3日・4日実施)  
 実施プログラム:「環境にやさしいクルマの使い方を考えよう」
  
 1回目の授業では各児童が普段の家庭でのクルマの使い方を調査し、環境にやさしい交通行動をするために車利用を控え、代わりにバスや自転車、徒歩で移動するプランを作成しました。
 夏休み中に各自が作成したプランを実践し、2回目の授業では実践した結果から削減できた二酸化炭素の量を計算しました。二酸化炭素の削減量は、4年生全体で2リットルペットボトル143,785本分にもなりました。最後に、この授業で学んだことを標語にしました。「取り組みを継続していきたい」と感想を発表していました。




○千坂小学校(5年生3クラス、10月21日実施)  
  実施プログラム:「バスとクルマの二酸化炭素の関係を調べよう」

 地球温暖化と交通の関係や金沢のバスについて説明を受けたあと、実際に校下の6交差点で交通量と二酸化炭素の濃度を測定しました。その後、教室にて測定結果を集計し、マップを作成しました。自分の住んでいる地域の環境について学び、問題意識を持つとともに、自分たちにできる環境にやさしい行動について考え、意見や感想を発表しました。

 


○新神田小学校(5年生2クラス、11月27日実施)  
  実施プログラム:「交通すごろく」

 金沢におけるバスの種類や歴史等を学んだ後、児童がコマとなり体を動かしながら、くるまとバスを使い分けゴールを目指す交通すごろくゲームを実施しました。ゲーム終了後にはゴールまでに排出した二酸化炭素を計算し、バスが環境にやさしい乗り物であることを学びました。
 すごろくゲームを通じて、普段の生活における交通手段の選択や乗り物の違い(クルマとバス)による二酸化炭素排出量の関係を考えました。


 
 
 発展版交通環境学習は、いろいろなメニューから先生との打合せによりいくつかを選択・組み合わせて実施することができます。生徒の皆さんも生き生きと楽しく学習することができます。

 今後、実施を検討したり、今年度の実施プログラムの詳細をお知りになりたい先生は下記までお問い合わせ下さい。
 
  (問い合わせ先)
   金沢市歩ける環境推進課 TEL:076-220-2371 まで

2012. 12.17 | 平成24年度交通環境学習(発展版)の実施報告について

  平成24年度に実施した交通環境学習(発展版)の実施報告をまとめました。

 実施校では、ゲームや屋外での環境測定という実体験を通じて楽しく学習できたため、生徒たちは最後には自分たちの言葉で学んだ内容を発表することができるようになりました。

 実施報告のまとめは、こちら

2012. 1.25 | 平成23年度交通環境学習(発展版)の実施報告について

 平成23年度に実施した交通環境学習(発展版)の実施報告をまとめました。 こちら

2010.11.1 | 交通環境学習推進セミナーの報告(概要)について

 平成22年8月23日に教育プラザ富樫にて交通環境学習推進セミナーを開催しました。開催報告(概要)はこちら
なお、セミナー当日の配付資料やセミナー報告書をご覧になりたい先生は歩ける環境推進課までお問い合わせ下さい。

2010.9.21 | 今年度の実施プログラムの詳細について

 本ホームページでも紹介してきましたが、7月から9月にかけて今年度実施予定であった3校(5クラス)の発展版の授業が実施されました。また、8月23日に金沢市教育プラザ富樫にて多くの先生方にご出席いただきセミナーも開催し、プログラムの内容も紹介したところであります。今後、実施を検討されたり、今年度の実施プログラムの詳細をお知りになりたい先生は歩ける環境推進課までお問い合わせ下さい。

2010.9.15 | 材木町小学校にて金沢版交通環境学習(発展版)を実施しました。

 9月15日に材木小学校にて2回目の授業を実施しました。

 7月に実施した1回目の授業では環境にやさしい交通行動をするため車利用を控えるプランを各自作成しました。今回の2回目の授業では、夏休み中にバスや自転車、徒歩で移動することによって車利用を実際に削減できた時間数を発表しました。その結果、5年生1クラス(35名)で「7、419分」(これは2リットルのペットボトル14,096本分の2酸化炭素を削減したことになります)でした。児童はこの結果に驚きを示すとともに、この取り組みをこれからも継続していくとのことでした。

 その後、今回の学習で学んだことを標語にしました。バスが環境にやさしい乗り物であることや環境に考慮しなければならないといったことを標語として作成し、学校のほかの学年や地域の人に作品を見てもらい、思いを伝えるため学校に展示されます。
        
スライド説明                          板書
                 
標語作成                            標語(1)                
    
標語(2)                           標語(3)

2010.9.10 | 粟崎小学校にて金沢版交通環境学習(発展版)を実施しました。

 9月6日と10日の2日間、粟崎小学校4年生2クラスで金沢版交通環境学習プログラム授業(発展版)を実施しました。

 「交通すごろく」のプログラムで、児童がコマとなり体を動かしながら、くるまとバスを使い分けゴールを目指す交通すごろくを体験した後、ゴールまでに排出した二酸化炭素を計算し、バスが環境にやさしい乗り物であることを学びました。

 1日目の授業では、金沢におけるバスの種類や歴史等を学び、すごろくゲームの説明を受けた後、体育館ですごろくゲームをしました。すごろくゲームを通じて、普段の生活における交通手段の選択や乗り物の違い(クルマとバス)による二酸化炭素排出量の関係を考えました。

 2日目の授業では、1回目の授業を振り返るとともに、地球温暖化などの問題や自分たちの今後の交通手段のかしこい使い分けについて学習しました。その後、児童は学習内容を振り返りながら、クルマと公共交通のかしこい使い分けを呼びかける手紙を自分の親や兄弟、祖父母あてに作成しました。
            
交通すごろく                           交通すごろく
                     
排出に酸化炭素の計算                    手紙作成                
         
板書                               板書

2010.7.16 | 材木町小学校にて金沢版交通環境学習(発展版)を実施しました。

 7月16日に材木町小学校の5年生のクラス(35名)にて金沢版交通環境学習プログラム授業(発展版)を実施しました。

「環境にやさしいクルマの使い方を考えよう」をテーマに、各児童が普段の家庭でのクルマの使い方を調査し、環境にやさしい交通行動をするため車利用を控えるプランを作成しました。

児童は自分がクルマに乗ることを減らして、クルマから出る二酸化炭素を減らすプランを夏休み中に実践し、9月に入ってからの2回目の授業で実践結果から削減できた二酸化炭素の量を計算します。

身近な地域の交通環境を踏まえながら、自分たちにできる環境にやさしい移動を発表しました。児童一人一人が独自のプランを策定することで、自分たちでできる環境にやさしい交通活動を考えるきっかけとなりました。
            
説明                               発表
            
板書                

2010.7.8 | 米泉小学校にて金沢版交通環境学習(発展版)を実施しました。

 78日に米泉小学校の5年生2クラスで金沢版交通環境学習プログラム授業(発展版)を実施しました。

「バスと車の二酸化炭素の関係を調べよう」をテーマに、校下の交通量と二酸化炭素の濃度を調べ、マップを作成することで自分の住む地域の環境について学びました。

授業ではまず、地球温暖化と交通の関係や金沢のバスについて説明を受けたあと、実際に校下の4交差点で交通量と二酸化炭素の濃度を測定しました。その後、教室にて測定結果を集計し、マップを作成しました。

児童自身が問題意識をもって、自分たちにできる環境にやさしい行動について考え、意見や感想を発表しました。
            
スライド説明                          交通量測定
            
二酸化炭素測定                       マップ作成

2010.5.18 | 校長会にて金沢版交通環境学習プログラムの説明をしました。

平成22年5月18日に教育プラザ富樫において開催された校長会にて、金沢版交通環境学習プログラムについて説明しました。また、今年度の金沢版交通環境学習(発展版)の実施を希望する学校を募集しました。
   校長会資料はこちら>>資料(WORD)

2010.4.6 | いよいよ金沢版交通環境学習が始まりました

いよいよ今年度から交通環境学習がはじまります。

開始にあわせて、各小学校に「金沢版交通環境学習プログラム集【3年生用DVD付】」と「金沢版交通環境学習プログラム集【4~6年生用】」をお配りしました。ぜひ、ご覧ください。

また、ホームページも随時更新していきますので、よろしくお願いいたします。