本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の交通の中の金沢ふらっとバスから概要
印刷用ページを表示する
 

概要

金沢ふらっとバス

歴史と文化のまち金沢を走る

金沢市は人口約46万人、石川県の県都であり、北陸地方の経済や文化の中心的な都市です。市内中心部は、藩政期に形づくられた街路構成を骨格とし、狭く細い道が数多く残されています。 このような道路特性から、路線バスが通れない、公共交通の利用が不便な地域で、新しい移動手段の導入が求められ、平成11年に「金沢ふらっとバス」が誕生しました。
金沢ふらっとバスは、公共交通が不便な地域を中心に、住宅地と交通結節点や商店街などを結ぶ循環バスで市民の気軽な足として利用されています。

ふらっとバスには魅力がいっぱい

みんなのふれあいバス

みんなのふれあいバス

運転手さんとも顔なじみ。
自然と笑顔がこぼれます。

みんなが乗れるバス

ふらっとバスは「国内初の小型ノンステップバス」。入口、出口ともステップがなく、高齢者や子どもでも楽に乗り降りが可能です。スロープ、車椅子固定装置もついて車椅子の方も乗車できます。

ひととまちを結ぶバス

ひととまちを結ぶバス

幅4m、長さ330mのバス通行帯を設けています。

バス停
バス停

愛称「ふらっと」

  • 気軽に出かける様子を示した「ふらっと」と、入口から出口まで車内に全く段差がないことを示した「フラット(英語)」の2つの意味をあわせ持っています。
  • ボディのカラーリングは、加賀友禅の古典図柄を現代風にアレンジした金沢らしいデザインです。

バス停間隔は200mを目安

  • バス停間隔は、高齢者が無理なく歩ける200mを目安として設置しました。
  • バス停も、バスと同じく、加賀友禅の図柄を配した、わかりやすいデザインです。

15分間隔で走る

  • 運行ダイヤは、1時間に4便。15分間隔なので、誰でも覚えやすくなっています。(39便/1日)
  • 通院・買物の利用を考え、土日も休まず運行します。

1コインバス

  • 気軽に利用できるよう、1コイン運賃 大人100円、子ども50円です。
    (未就学児は2人目以降、50円です。)
  • 回数券は、11枚つづりで、1,000円。車内でも販売しています。
  • 此花・菊川・材木ルートは、北陸鉄道ICカード「ICa(アイカ)」も利用できます。

バス車両

バス車両

ふらっとバスの内部

コミュニティボード
1.コミュニティボード

車椅子固定装置
2.車椅子固定装置

車内全体
3.車内全体

電光ボード
4.電光ボード

ノンステップ
5.ノンステップ

貸出し傘
6.貸出し傘

押しボタン
7.押しボタン

運転席
8.運転席

  1. イベント開催のお知らせなど、地域の情報が満載です。
  2. 跳ね上げ式のシートの下には車椅子固定装置を設置。
  3. 車内には全く段差がなく、高齢者や子どもにも 安心らくらく。 おしゃべりしやすい横向きシートです。
  4. 日本語と英語で表示します。時刻も表示されてとっても便利。
  5. 入口、出口ともにステップがなく、 乗り降りらくらく。 手動式スロープ もついて車椅子の方もスイスイ乗降。
  6. 車内に用意しました。急な雨降りにご利用ください。
  7. 押しボタンは握り棒1本に付き2ヶ所設置。 押すと光と音で知らせます。
  8. バスの運転席。視界がとっても広いので運転手さんも安心して運転しています。

ふらっとバスメニュー

問い合わせ先

都市政策局 交通政策部 歩ける環境推進課
電話番号:076-220-2371
FAX番号:076-220-2048
arukeru@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。