本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市税の中の固定資産税・都市計画税から今年新たに土地・家屋を取得した方へ
印刷用ページを表示する
 

今年新たに土地・家屋を取得した方へ

いつから固定資産税を払うの?

 今年新たに土地・家屋を取得した方には、翌年の4月から固定資産税を納めていただくことになります。
 固定資産税の課税基準日は1月1日(「賦課期日」といいます。)なので、年の途中で土地・家屋を取得したとしても、法律上、納税義務が発生するのは翌年の4月です。年度の途中で法律上の納税義務者が変わることはありません。
 例えば、8月に土地や家屋を購入したとしても、資産税課から直接新所有者に対して、8月以降の分の固定資産税の納付を求めるといったことはありません。
 なお、都市計画税についても同様です。
 
  固定資産税について
  都市計画税について

 

土地・家屋を取得したことについて、資産税課に届出や申告、連絡は必要?

以下のようなときには届出や申告が必要です。
 
  • 東日本大震災で被災された方が、金沢市内で代替土地・代替家屋を取得したとき
      →実地調査の必要がある場合があります。
      東日本大震災に伴う代替土地・代替家屋の取得における特例

 
  • 非課税となるべき物件を取得したとき
     →実地調査の必要がある場合があります。
      非課税の申告

     →これらは住宅用地の特例の適用に変更がある場合があります。
    土地に対する課税について
    住宅用地の特例とはどのようなものですか(よくあるお問い合わせ)
    住宅用地(変更)の申告



以下のような使用形態の変更があるときは、評価の内容が変更となる場合がありますので、ご連絡ください。
 
  • 住宅が建っていた土地を取得した後に、取り壊して更地としたとき
   →非住宅用地となり住宅用地の特例の適用が外れるため、税額が上昇します。
    
土地に対する課税について 
 
  • もともと農地であった土地を、転用して宅地として取得するとき
   →宅地評価となり、税額が上昇します。
    
農地転用がなされた土地について(よくあるお問い合わせ)
 
  • 取得した家屋について、面積に増減のある改修(一部取り壊し・増築等)を行ったとき
  • 取得した家屋の使用形態の変更(店舗から住宅へ改築、住宅から事務所へ改築等)を行ったとき
   →実地調査の必要がある場合があります。
     家屋に対する課税について


 家屋を新築(増改築)した場合は、資産税課の家屋担当職員が実地調査を行います。調査は、家屋の内部(各部屋)にわたるため、所有者又は所有者の代理人の立会いが必要です。
 
 新築した住宅は、一定の要件を満たせば、固定資産税が減額になる場合があります。
  新築住宅に対する減額
  認定長期優良住宅に対する固定資産税の減額
  サービス付き高齢者向け住宅に対する固定資産税の減額
  東日本大震災に伴う代替土地・代替家屋の取得における特例
 

 取得した既存住宅を改修したとき
  →一定の要件を満たせば、申告により固定資産税が減額されます。
    
住宅の耐震改修工事に伴う固定資産税の減額
    住宅のバリアフリー改修工事に伴う固定資産税の減額
    住宅の省エネ(熱損失防止)改修工事に伴う固定資産税の減額

 

税金はどのくらいかかるの?

 固定資産税は、資産の価格によって課税されるもので、所有者の変更により評価や税額が変更されることは基本的にはありません。ただし、前述のような使用形態の変更があったときは、評価額が変更することがありますので、詳しくは資産税課までお問い合わせください。

 以下のリンクを参考にしてください。
  土地に対する課税について
  家屋に対する課税について

 

固定資産税以外に土地や家屋にかかる税金には、どんなものがあるの?

税 金 種類 内 容 お問い合わせ先
不動産取得税県税土地・家屋を取得したとき石川県金沢県税事務所
金沢市幸町12-1
TEL:076-263-8831
相続税・贈与税国税不動産を相続したときや贈与を受けたとき金沢税務署
金沢市西念3-4-1
(金沢駅西合同庁舎内)
TEL:076-261-3221
登録免許税国税不動産を登記するとき金沢地方法務局
金沢市新神田4-3-10
(金沢新神田合同庁舎内)
TEL:076-292-7810

 

税額や評価額の内容について知りたいときは?

 資産を取得した年度の税額や評価額を知りたい場合には、本人であることを確認できる証明書(運転免許証、健康保険証など)と、資産を取得した事実を証明できるもの(売買契約書や登記簿など)をご持参いただければ、市役所本庁舎2階バイク受付・税証明の窓口、または市民センターにおいて、各種証明の取得にてご確認いただけます。
  市税証明・閲覧 

 その他、一般的なご質問やご相談につきましては、資産税課各担当までお問い合わせください。

 資産税課 電話番号
  (庶務係)   076-220-2151
  (土地係)   076-220-2153
  (家屋係)   076-220-2156
  (償却資産係) 076-220-2158
 

問い合わせ先

総務局 資産税課
電話番号:076-220-2151
FAX番号:076-220-2182
shisanzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。