本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市税の中の固定資産税・都市計画税から住宅のバリアフリー改修(バリアフリー改修工事に伴う固定資産税の減額)
印刷用ページを表示する
 

住宅のバリアフリー改修(バリアフリー改修工事に伴う固定資産税の減額)

 
一定の住宅のバリアフリー改修工事を行った場合、申告により固定資産税が減額されます。
なお、都市計画税は減額されません。

 

減額が適用となる要件

減額が適用されるには、以下の要件をすべて満たすことが必要です。

 

家屋の要件

・新築された日から10年以上を経過した住宅(貸家、共同住宅等の賃貸住宅は除く)
・改修後の家屋(区分所有家屋の場合は専有部分)の床面積が50平方メートル以上であること
・居住部分の床面積が家屋(区分所有家屋の場合は専有部分)の床面積の2分の1以上であること
・これまでにこの減額の適用を受けたことがないこと

 

改修期間の要件

平成30年3月31日までに改修が完了したもの 
 

居住者の要件

居住者の中に、以下の(1)、(2)、(3)いずれかに該当する方がいること
  1. 65歳以上の方
  2. 介護保険制度の要介護認定または要支援認定を受けた方
  3. 障害のある方

工事費用の要件

対象工事の費用(国又は地方公共団体から補助金等の交付を受けている場合、その額を除いたもの)が50万円を超えていること

 

改修工事の要件

次のいずれかの工事であること
  1. 廊下の拡幅
  2. 階段の勾配緩和
  3. 浴室の改良
  4. トイレの改良
  5. 手すりの取付け
  6. 屋内の段差解消
  7. 引き戸への取替え
  8. 床の滑り止め化
     

減額の範囲

翌年度分の固定資産税の税額について、100平方メートル相当分までを限度として、3分の1を減額します。

 

申告方法

当該家屋の納税義務者が、申告書に必要書類を添付し、改修工事完了後、3ヶ月以内に資産税課まで申告してください。
平成28年1月より、マイナンバー(個人番号)の利用が始まりました。提出書類の記載欄に記入いただきますようお願いします。
なお、本人確認等については、こちらをご確認ください。

 

提出書類

  1. バリアフリー改修工事に伴う固定資産税減額申告書
  2. 納税義務者の住民票の写し
    ※申告書にマイナンバー(個人番号)を記載して提出した場合は不要です。
  3. 居住者要件を満たすことを示す書類
       
    65歳以上の方住民票の写し
    要介護認定者等介護保険被保険者証の写し
    障害のある方障害者手帳の写し
  4. 改修工事の費用及び支払日がわかる書類(領収書、銀行振込書等の写し)
  5. 改修工事の完了年月日がわかる書類(工事完了書、引渡書等の写し)
  6. 改修工事に係る契約をした日がわかる書類(工事契約書の写し)
  7. 改修工事の費用の内訳がわかる書類(工事の明細書等の写し)
  8. 改修工事が行われた箇所を撮影した写真
  9. 改修工事を行った箇所がわかる平面図の写し
  10. 改修工事の費用に補助金等の交付を受けている場合(居宅介護・介護予防住宅改修費、補助金等の交付決定通知書の写し)
     

提出先

〒920-8577
金沢市広坂1丁目1番1号
金沢市総務局資産税課 家屋係

 

その他

・原則、他の改修工事に伴う減額との併用はできません。
 ただし、省エネ改修工事(認定長期優良住宅の改修を含まないもの)に伴う減額とは併用できます。  
・申告された家屋は現地調査が必要になります。
・増築・改築等がある場合、固定資産税・都市計画税が新たに課税されることがあります。

 その他、詳細につきましては、下記担当までお問い合わせください。

 

様式

担当
資産税課 家屋係 TEL:076-220-2156

 

問い合わせ先

総務局 資産税課
電話番号:076-220-2151
FAX番号:076-220-2182
shisanzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。