本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市税の中の法人市民税・事業所税
印刷用ページを表示する
 

法人市民税・事業所税

マイナンバーのお知らせ

法人市民税・事業所税に係るマイナンバー関係のお知らせ①

マイナンバーの記載時期についての説明です。

法人市民税

納税義務者

  1. 市内に事務所又は事業所を有する法人(法人税割 + 均等割)
  2. 市内に寮等を有する法人で、市内に事務所又は事業所を有しないもの(均等割)
  3. 法人課税信託の引受けを行うことにより法人税を課される個人で市内に事務所又は事業所を有するもの(法人税額)

法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあり、かつ収益事業を行うものは法人とみなします。

税率

均等割

資本金等の額 従業者数の合計
50人以下のもの 50人を超えるもの
50億円を超える法人41万円300万円
10億円を超え50億円以下の法人41万円175万円
1億円を超え10億円以下の法人16万円40万円
1,000万円を超え1億円以下の法人13万円15万円
1,000万円以下の法人5万円12万円
上記以外の法人5万円

注1 従業者数の合計とは、市内の事務所、事業所又は寮等の従業者数の合計です。
注2 課税標準の算定期間の末日で判定します。
注3 平成27年4月1日以後に開始する事業年度から「期末現在の資本金等の額」が「期末現在の資本金及び資本準備金の合算額」を下回る場合は、「期末現在の資本金及び資本準備金の合算額」が「資本金等の額」になります。

法人税割

平成26年9月30日までに
開始する事業年度
平成26年10月1日以後に
開始する事業年度
14.7%12.1%
 平成26年度税制改正において、地域間の税源の偏在性を是正し、財政力格差の縮小を図るため、法人住民税法人税割の一部が国税化されました。
 この改正により、平成26年10月1日以後に開始する事業年度分から、法人市民税の税率が引き下げられました。

申告納付期限

確定申告 事業年度終了の日の翌日から原則として2か月以内
中間(予定)申告 事業年度開始の日以後6か月を経過した日から2か月以内

申告書等のダウンロードサービス

申告書等のうち、インターネットで書式を提供できるものがダウンロードできます。

事業所税

納税義務者

市内の事務所又は事業所において事業を行う法人又は個人

課税標準

資産割

法人 事業年度終了の日現在における事業所床面積
個人 その年の12月31日現在における事業所床面積

従業者割

法人 事業年度中に支払われた従業者給与総額
個人 その年中に支払われた従業者給与総額

税率

資産割

  • 1平方メートルにつき600円

従業者割

  • 従業者給与総額の100分の0.25

免税点

資産割

  • 事業所床面積1,000平方メートル以下

従業者割

  • 従業者数100人以下

免税点以下の場合であっても、課税標準の算定期間の末日において事業所床面積が800平方メートル超又は従業者数が80人超の場合、申告書に必要事項を記載して申告していただく必要があります。

なお、「特殊関係者(同族会社、配偶者、直系血族等)」(※)と「特殊関係者を有する者」が同一家屋内で事業を行う場合、「特殊関係者を有する者」は、「特殊関係者」の行う事業を共同事業とみなし、事業所床面積及び従業者数を合算して免税点判定を行います。
※特殊関係者…地方税法施行令第5条及び第56条の21参照

申告納付期限

法人 事業年度終了の日から2か月以内
個人 翌年の3月15日まで

申告の手引

申告書等のダウンロードサービス

申告書等のうち、インターネットで書式を提供できるものがダウンロードできます。

お問い合わせ先

総務局 市民税課
電話番号:076-220-2161
FAX番号:076-220-2154
shiminzei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。