本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の金沢の伝統文化から雪吊り
印刷用ページを表示する
 

雪吊り

雪吊り

冬の金沢の風物詩である雪吊りの作業は、雪が降らないうちにと、11月1日兼六園内の名木「唐崎松」から始められます。

樹木に支柱を立てたり、縄で枝を吊ったりし、北陸特有の湿気を多く含んだ重い雪から木々を守ります。雪吊りの種類には「しぼり」「みき吊り」「りんご吊り」の3種類があり、兼六園の名木、老樹には一番複雑な「りんご吊り」が施されます。雪吊りが必要な樹木には、松や桜、ツツジ、アオキ、八つ手があり、特に松の木は常緑の葉であるため、雪の重みがひときわ加わることから最も念入りにされることになっています。

お問い合わせ先

経済局 営業戦略部 観光交流課
電話番号:076-220-2194
FAX番号:076-260-7191
kankou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。