本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の観光情報の中の金沢の伝統文化から加賀万歳
印刷用ページを表示する
 

加賀万歳

加賀万歳 庶民の初春を優雅に祝う加賀百万石の古典芸能
梅鉢の紋をかたどった才蔵のかます帽子

御萬蔵とや、とくわかに御萬蔵とや、
屋形榮えてましませば、天より寶が降り来り、
地より草木出生すれば、昔より物の上手は誰れ誰れじゃ、
飛騨の工匠か竹田の番匠は、物が上手に候ひける。(以下略)
    −「式三番叟」(しきさんばそう)−

式三番叟

新年の祝福に満ちた「式三番叟」が最初に演じられる加賀万歳は、金沢のお正月に欠かすことのできない風物詩であり、越前万歳の流れをくんだ古典芸能です。元旦に、真っ赤な大黒頭巾や独特の衣装を身にまとい、家々の年賀に向かう様子は金沢独特のもの。加賀百万石のいにしえをしのぶ雰囲気を醸し出しています。

加賀万歳は元来、前田利家が越前の府中(武生市)を統治していたころ、野大坪のお百姓さんたちが年頭の恒例行事として披露していた越前万歳がルーツです。利家が金沢城に入城した後、金沢の人たちが真似て楽しむようになっていったのです。

江戸時代の文化文政の頃には、金屋町の宝生流能楽師である大石藤五郎が越前万歳の舞や歌詞を発展させ、能の要素を取り入れながら、より優雅で、気品があり、地元の方言も交えた斬新な万歳を確立していきます。これが当時は地万歳と呼ばれ、現在の加賀万歳の基礎となりました。

明治に入ってから地万歳は、金沢旧市内の旧家や大商家、娯楽街の寄席で演じられます。昭和になって、地万歳は加賀万歳と呼ばれるようになりますが、漫才の流行や、戦争などの影響を受け、伝承者は激減してしまいます。しかし、昭和50年には金沢市文化財の指定を受け、加賀万歳保存会が中心となってその保存、継承に当たっています。

加賀万歳メニュー

お問い合わせ先

経済局 営業戦略部 観光政策課
電話番号:076-220-2194
FAX番号:076-260-7191
kankou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。