本文へジャンプ

イノシシにご注意!!出会ったときはあわてずに

イノシシのイラスト

イノシシに出会ったときの対策について

対策1 もし出会ってしまったら・・・

1. イノシシを刺激しない

イノシシは臆病な動物なので、こちらから何もしない限り、突然おそってくることはありません。
見かけても、刺激を与えず、興奮させないことが大切です。
棒などを使って追い回したり、石を投げたりすると、逃げたイノシシが他の人を襲う可能性がありますので、そのような行為はおやめください。

2. ゆっくりと後ずさり

もし、近づいてきた場合は、あわてずにゆっくりと後ずさりしてください。
急に動くと、イノシシが驚いて、思わぬ事故につながります。

一般的にイノシシは自然と街中から離れていきます

ページトップへ

対策2 出会わないためには・・・

1. 人間の存在を知らせる工夫をしましょう

  1. 音で知らせる(鈴を付けるなど)
  2. 夜などに外出するときは光で知らせる(懐中電灯など)

2. エサを与えない

  1. 餌付けをしない
    たとえ、子供のイノシシ(ウリ坊)であっても、エサは絶対に与えないでください。
    人間を怖がらなくなります。
  2. イノシシのエサ場を作らない
    家庭菜園や田畑の周りに野菜クズを放置しないでください。
    イノシシがエサ場として覚えてしまいます。
  3. ゴミ出しマナーの徹底
    収集日の朝に指定された場所に出しましょう。また、袋の口をきちんと結び、ゴミ散乱防止用ネットをきちんとかけるなど、ゴミ出しのマナーを守りましょう。

知らないうちに「餌付け」を行っている場合がありますので、再度点検し、
イノシシを呼び寄せない環境づくりをしましょう。

野菜

ページトップへ

ダウンロード(回覧用等チラシ)

金沢市イノシシ対策マニュアルについて

平成22年3月、金沢市イノシシ対策マニュアルを作成しました。

イノシシ対策に対する支援について

金沢市では、イノシシによる農作物の被害を軽減するため、集落ぐるみで対策に取り組む生産組合を支援します。

支援の内容

  1. 狩猟免許(わな猟)の取得、狩猟者登録に対する支援
    補助率:1/2
  2. 捕獲檻の導入に対する支援
    補助率:1/2
  3. 電気柵の導入に対する支援
    補助率:1/2
  4. 講習会の開催
    イノシシの「防護・捕獲技術講習会」を開催

お問い合わせ先

農林局 農業振興課
電話番号:076-220-2213
FAX番号:076-222-7291
nourin_s@city.kanazawa.lg.jp