本文へジャンプ

サル情報

サルにご注意!!出会ったときはあわてずに

サルにご注意!

サルに出会ったときの対策

もし、通学時などにサルに出会ったら…

1. 近づかない、目を合わせない

野生のサルは、私たち人間に慣れていないので、むやみに近づくと襲われる危険性があります。
また、サルの目をじっと見てはいけません。目を合わせると、敵だと思い込み、こちらが視線をそらしたときに襲ってくる場合があります。

2. 刺激しない、驚かせない、走らない

面白半分で、物を投げたり、大声を出したりすると、サルが興奮して危険です。
背を向けて走らず、静かにその場から離れましょう。

ページトップへ

もし、家の近くでサルを見たら…

1. 食べ物をやらない、食べ物を見せない

絶対に食べ物(エサ)をあげてはいけません。
人間が食べ物を与えると、サル本来の生活ができなくなり、山に帰ることができなくなってしまいます。
人間を怖がらなくなると、食べ物を持っている人から奪い取ったり、家に侵入してくるなど、どんどん被害が拡大します。

2.戸締まりをきちんとする

家や納屋の中に入ってこないよう、玄関や窓は開けたままにせず、戸締まりを徹底しましょう。

ページトップへ

人慣れさせないよう、追い払いの徹底を!

サルは基本的には人間を怖がっています。しかし、一度人間が怖くないと学習してしまうと、どんな対策をしても効果が上がらなくなってしまいます。
人慣れさせないよう、発見したらすぐに山に追い払うことが重要です。地域全体で繰り返し追い払いを行いましょう。

ページトップへ

ダウンロード(回覧用等チラシ)

問い合わせ先

農林水産局 農業水産振興課
電話番号:076-220-2213
FAX番号:076-222-7291
nourin_s@city.kanazawa.lg.jp