本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップから鳥インフルエンザ
印刷用ページを表示する
 

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザについて


 鳥インフルエンザのウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常
では人に感染しないと考えられています。

 また、日本国内ではこれまで、家きん肉、家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザ
ウイルスが、人に感染した事例は報告されていません。
 
 ※ 家きんとは、肉・卵・羽毛などを利用するために飼育する鳥の総称
    例:鶏、あひる、七面鳥、うずら、きじ、だちょう及びほろほろ鳥の7種類の鳥類 

 ※ 国内での発生や対応状況など最新の情報ついては、農林水産省のホームページをご覧
  ください。
 

野鳥が死んでいるのを見つけたら ・・・

 
1月18日加賀市において、死亡した野鳥でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されました。

 ◆ 野鳥が異常死(大量死亡等)している場合や鳥インフルエンザの疑いがあると思われる
   場合は、下記まで連絡をお願いします。

    〇 鳥インフルエンザが疑われる場合
      ・複数の野鳥が死んでいる
      ・渡り鳥や大型の鳥が死んでいる

 ◆ ウイルス感染などを予防するため、死亡した野鳥には直接触れないようにしてください。

 ◆ 野鳥の排泄物等に触れた場合は、手洗いとうがいをしてください。

 ◆ 交通事故や激突死など鳥インフルエンザと関係がないものについては、一般ゴミとして
  処理します。

ペットとして鶏などの家きんを飼育している皆様へ

  ◆ 突然に死んだり羽を逆立てて首を力無くうなだれたりするような状態が見られた場合は、
  下記又は石川県南部家畜保健衛生所(電話:076-257-1262)へ連絡をお願い
  します。
 
 ◆ 飼育している鳥と野鳥が接触できないよう、対策をとってください。

養鶏業者の皆様へ

  複数死亡等の異常発生など鳥インフルエンザの疑いがある場合は、すぐに石川県南部家畜
 保健衛生所(電話:076-257ー1262)へ連絡をお願いします。
 
 

鳥インフルエンザ関連リンク

お問い合わせ先

農林局 農業振興課
電話番号:076-220-2213
FAX番号:076-222-7291
nourin_s@city.kanazawa.lg.jp

*業務時間外は、市役所当直室 076-220-2121へお願いします。

 
より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。