本文へジャンプ

ツキノワグマの特徴

身体的特徴

体長 80〜150cm(オスの方がメスより大きい)
体重 40〜130kg
視力 あまりよくない
聴力 人間よりも優れている(低音には鈍感)
嗅覚 イヌ並みに鋭い。人の気配も臭いで識別できる

生態的特徴

食べ物は?

・雑食性ですが、山菜や木の実などの植物が中心です。
・特に好きなのは、春はブナの花、夏はアリやハチ、秋は木の実です。

行動は?

・クマはエサが豊富にある場所に集中しがちです。
・大人のクマは30~70平方キロメートルの行動圏を持っています。エサが不足する場合は行動範囲を広げます。
・オスグマの場合、1日に10キロメートル以上移動した例があります。

活動する時間帯は?

・夏は、早朝(午前4時~7時頃)と夕方(午後5時~9時)に活発に活動します。
・春や秋は、昼もよく活動します。人家の近くでは、夜間にやってくることがあります。
 
参考文献: 米田一彦「生かして防ぐクマの害」農文協(1998年)

問い合わせ先

農林水産局 森林再生課
電話番号:076-220-2217
FAX番号:076-222-7291
nourin_mori@city.kanazawa.lg.jp