本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中のしごと・産業・農林の中の金沢の農業から金沢農業大学校
印刷用ページを表示する
 

金沢農業大学校

「金沢農業大学校」について

農業研修の様子

金沢農業大学校は、金沢市の農業の担い手を育成するため、平成18年3月に開設され、これまでに85名が研修を修了しました。
2年間の研修を通じて、加賀野菜の生産や、産地の活性化を担う、プロの農業者を育てています。

研修内容等

対象

・金沢市内で就農できる方
・18歳以上65歳以下の方

募集人員

・15名程度
 

研修期間等

・研修期間:2年間
・研修日:基本研修 週2日(午前各3時間程度)
      1年目 月・木曜日、2年目 火・金曜日
        ※基本研修のほか、経営力向上研修、里親農家研修等あり
       ※青年就農給付金(準備型)に対応した、通年(月~金曜日、
         年間1,200時間以上)の研修を行うコースもあり
 

研修内容

野菜の栽培技術を習得するための講義、実習等
項目 主な内容 研修日等


基本研修
(2年間)
・講義(野菜の栽培技術)
・研修生共同による各種野菜の栽培実習
・就農計画の作成
2日/週 
1年目 月・木曜日
2年目 火・金曜日
(午前3時間程度)
(年間100日程度)
経営力向上研修
(1年目または2年目)
・講義(営農計画、販売方法、経営戦略等)
・市場等で地場農産物の流通状況等を視察他
16回程度/年
(各回2時間程度)




専門研修 ・通年の専門的な栽培実習
・農業経営実践研修 他              
月~金曜日
Aコース:
   8:30~1630
   1,200時間/年
Bコース:
   時間指定なし
特別研修 ・「農の匠」等の指導による現地研修
・農業機械操作技術の習得実習他
原則水曜日
16回程度/年
(各回2時間程度)
里親農家研修 ・篤農家の元での先進的な技術習得体験コース:
  5日以上/品目
実践コース:
  2か月以上/品目

※2年間の研修期間中に1研修以上を受講
 

研修場所

・金沢市農業センターのほか、生産者の圃場、市場等
 

受講料等

無料(ただし、教材費は研修生の実費負担)
・研修期間中の傷害保険は、大学校が一括で加入(研修生は保険料の一部を負担)
・農業機械、農具(クワなど)、農業資材は貸与
・作業に必要な長靴、ハサミ、軍手等は研修生が用意(作業着は貸与)
 

修了証書の交付

・研修期間における出席状況等、修了認定基準を満たす方には、修了証書を交付
 
研修修了後には、各種支援制度があります

平成28年度 金沢農業大学校 第12期生募集(2次募集)

募集人員 15名程度
研修期間 2年間(平成29年2月から平成31年1月まで)
募集期間 平成28年12月19日(月)まで
申込方法 「金沢農業大学校研修申込書」を金沢市農業センターへ提出(郵送可)
     (※12月19日必着)
       ・金沢農業大学校研修生募集リーフレット(表面)  (PDF形式)
       ・金沢農業大学校研修生募集リーフレット(裏面)    (PDF形式)

       ・金沢農業大学校研修生募集要項(2次募集)(PDF形式)
       ・金沢農業大学校研修申込書(WORD形式)
       ※ 研修申込書は、金沢市農業センターのほか、金沢市役所市民課及び
         市民センター窓口にもあります
       ※ 詳しくは、金沢市農業センターまでお問い合わせください
       

お問い合わせ先

農林局 農業センター
電話番号:076-249-2744
FAX番号:076-249-4470
nougyou_c@city.kanazawa.lg.jp

石川県内の農家と農業法人や石川県農業関係団体を知りたい方は、公益財団法人 いしかわ農業総合支援機構ホームページをご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。