本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中の旧町名復活からか行
印刷用ページを表示する
 

か行

旧 町 名 よみがな 由来 現在の町名 住居表示の実施 備考
柿木畠 かきのきばたけ寛永8年・12年の火災の教訓から、この一帯を火除地とするため、藩士の邸宅を移転させ空き地にし、柿の木を植えた。万治年間から再び藩士の邸地となったが、地名として残った広坂1丁目、片町1丁目S41.2.1H15.10.1 復活
柿木町 かきのきまち三代藩主前田利常のときに火除地として城下の各地に柿木畠が設けられた。柿本人麻呂をもじり、柿の木のもとでは火が止まるに因んだといわれる。この地にも柿が植えられたが、後に町立てされてこの名がついた。地子町の一つ扇町、天神町2丁目、暁町S41.2.1 
角場川岸町 かくばかわぎしまち町名は角場(鉄砲の射的場)と犀川川岸に因むと推測される。地子町の一つ城南2丁目、菊川1丁目S39.4.1 
鍛冶片原町 かじかたはらまち鍛治町と町続きで町の東側が外総構堀で民家のないことによる。町の格は「七ケ所であった本町1丁目S40.9.1 
鍛冶町 かじまち三代藩主、前田利常から刀鍛冶等で宅地を給わったものが集住し、はじめ安江鍛冶町と称されていたが、のち鍛冶町と呼ばれた。町の格付けは一部は「七ヶ所」と一部は「地子町」であった此花町、本町1丁目、彦三町1丁目、安江町、笠市町S40.9.1 
主計町 かずえまち大阪冬夏の両役に功をたてた加賀藩士、富田主計の邸地があったところなので、この名がついたといわれる。地子町の一つ尾張町2丁目S45.6.1H11.10.1 復活
H16.5.1区域拡大
片原町 かたはらまち家が用水の片側のみにあったころによる。片原大衆免砂走(すなはせ)とも呼ばれた。地子町の一つ森山1丁目、東山3丁目S41.9.1 
勝尾町 かつおまち初め、この地に加賀藩士勝尾氏の屋敷があったことによる芳斉2丁目、昭和町S40.9.1 
金屋町 かなやちょうもと今の尾山神社の地あたりにあった。元和6年(1620年)、銀座役金屋彦四郎らが居住し、金銀貨を鋳造していたのでこの名がつけられ、後に、この地に移されたという。金谷町とも書いた。地子町の一つ東山2丁目、森山1丁目S41.9.1 
上安藤町 かみあんどうまち藩政時代、鉄砲組頭、安藤長左衛門の組地があったので、この名がついたという。また、あんどん町とも呼ばれた石引1丁目S39.4.1 
上石伐町 かみいしきりまち戸室山から石を伐り出す藩の石伐職人20人の組地があったことによる。延宝年間(1673〜81)に上、下石伐町に分立した。地子町の一つ寺町3丁目、寺町5丁目S38.6.1/
S42.9.1
 
上石引町 かみいしびきまち藩政の初め、金沢城の石垣を築くため、戸室山から切り出した戸室石を引いて運んだ道筋であったので、この名がついたという。上・中・下石引町があった。いしびきちょうとも呼ばれた石引1・2丁目、笠舞2丁目S39.4.1 
上今町 かみいままち今町は新しく町立てされたことによる。今町の年代は、不明だが、元禄年間(1688〜1704年)、上今町・下今町の記録がある。本町の一つ尾張町1丁目S45.6.1 
上小川町 かみおがわちょう藩政時代は、川(河)端町、西養寺町前、誓願寺前、玄門寺前などのまちであったが、小川に沿ったまちなので、明治4年、上・下小川町に改められた東山2丁目S41.9.1 
上小柳町 かみおやなぎまち小柳町は、かつて柳の木が生えていたとも、居住者の氏名によるともいわれる。後年、上・下に分町したが、年代は不明。地子町の一つ野町2丁目S42.9.1
上欠原町 かみがけはらまち崖縁の通りであるため、藩政時代は笠舞がけ原、がけ片原などと呼ばれていたが、のち、略してこの名がついた。明治4年、上・中・下欠原町となった。地子町の一つ石引2丁目S39.4.1 
上川除町 かみかわよけまち川除は犀川の右岸近くの川原に堤防を築き、堤防の上に家を建て町立てしたことによる。寛政7年(1795年)から上川除町、中川除町、下川除町、犀川下川除町に分立した。地子町の一つ菊川2丁目、幸町S39.4.1 
上胡桃町 かみくるみちょうこの地の東惣構堀にかかる橋を、橋詰の染師黒梅屋の名によって黒梅橋といったが、俗にくるみ橋と呼んだことから、明治4年この名で町立てされた兼六元町、大手町S41.2.1 
上主馬町 かみしゅめまち藩政時代、鉄砲頭をしていた本庄主馬の邸地があったので、主馬殿町と呼ばれ、のち、この名がついた。明治4年、上・中・下主馬町等に分立した。地子町の一つ菊川1丁目S39.4.1 
上新町 かみしんちょう藩政初期からの町名で、尾張町に家屋が増え、町地が狭くなったので、新しく町立てされたため、この名がついた。明治4年、上・下新町に分町した尾張町2丁目S45.6.1 
上鷹匠町 かみたかじょうまち寛文2年(1662年)から、藩の鷹匠の邸地や鷹部屋がここにあったので、この名がついた。明治初期、上・中・下鷹匠町となる石引2・4丁目S39.4.1 
上堤町 かみつつみちょう堤町は、かつて付近で黄金を掘り起こした跡が堤となり、そこに町屋が立てられたとの説もあるが、誤り。下、横堤町とあわせて堤町と呼ばれた。町名由来で考えられることは、金沢御堂・金沢城の防衛の一つとして堤が築かれたと推測できる。本町の一つ高岡町、尾山町S40.9.1/
S41.2.1
 
上傳馬町 かみてんままち藩政時代、藩用の人や荷物を運ぶために六十六匹の伝馬が置かれたことからこの名がついた。藩初は橋場町付近に置かれていたという。上・下・横・裏伝馬町等がある。地子町の一つ片町2丁目S40.9.1 
上百々女木町 かみどどめきまち藩政時代、木曽谷に注ぎ込む川の流れが急で、高い音をたてていたところから、ここに架けられた橋をどどめき橋と呼び、この名が町名になったという。明治4年、百々女木町、馬坂新町、集福寺門前、宝円寺門前の一部の合計77軒で成立した石引1丁目S39.4.1 
上中島町 かみなかじままち中島町の町名は、当地がかつて浅野川の中洲であったことによる。地子町の一つ。明治4年、上・下中島町となる昌永町S41.9.1 
上松原町 かみまつばらちょうもと松原口門の前にあったことからこの名がついたという。藩政期には権現堂御門前町ともいい、のち、御門前松原町といったが、明治4年、上松原町となった香林坊1丁目、尾山町S41.2.1 
上弓ノ町 かみゆみのまち天和のころから足軽弓組の組地で、如来寺組、経王寺組と射場があり、小立野弓ノ町と呼ばれた。明治5年、如来寺組は上弓ノ町、経王寺組は中弓ノ町に、また、横山同心組の組地は下弓ノ町となった小立野2・5丁目S39.4.1 
川上新町一丁目 かわかみしんまちいっちょうめもとの犀川の河原に堤防を築き、外側を埋め立てて新しく町地としたことによる。一丁目から三丁目があった。地子町の一つ菊川1丁目S39.4.1 
川上新町二丁目 かわかみしんまちにちょうめ菊川1丁目S39.4.1 
川上新町三丁目 かわかみしんまちさんちょうめ菊川1・2丁目S39.4.1 
河内町 かわちまち加賀藩の老臣禄高一万七千石の奥村氏の下屋敷(家中町)があったところで、同家の当主が河内守に任ぜられたことがあり、明治2年、この名がついた。石引1丁目S39.4.1 
河原町 かわらまちこの付近は、もと犀川の河原で元和2年(1616年)、犀川の改修に伴って新たに作られた町の一つであるところから、はじめ、後河原町と呼ばれたが、のち、この名がつけられた。本町の一つ片町1丁目S41.2.1 
観音町一丁目 かんのんまちいっちょうめ元和二年、観音院が卯辰山から移されたとき、観音院から浅野川大橋までの道を拡張し、この通りを観音町と称した東山1丁目S41.9.1 
観音町二丁目 かんのんまちにちょうめ東山1丁目S41.9.1 
木揚場 きあげばかつて宮越往来が当地に通っていた頃、宮越から水上輸送した材木を当地で陸揚げしたことによる。三社揚場ともいった。地子町の一つ元菊町S41.9.1 
木倉町 きぐらまち藩政の初めころ、藩の材木蔵があったのでこの名がついた。もとは木町、また一時期、西側半分は出大工町とも呼ばれていた。本町の一つ片町2丁目S40.9.1H15.8.1 復活
木曽町 きそまち百々女木橋から材木町へ出る谷合の町である。渓流と周りの風致が信州の木曽路に似ていることから、この名が呼ばれた。明治4年に命名された東兼六町、扇町S41.2.1 
北石坂新町 きたいっさかしんまち石坂村が城下町に近いことから、早くから町場化した。明治初年に北石坂町の新町として命名された増泉1丁目、白菊町S42.9.1/
S44.2.1
 
北石坂町 きたいっさかまちかつて当町は、南石坂町とともに石坂町と呼ばれたが、文政6年(1823年)南北に分かれ、町名となった。地子町の一つ野町2丁目S42.9.1 
北長門町 きたながとまち加賀藩士、山崎長門の邸地があったところから、はじめは長門町と呼ばれていた。文政6年(1823年)、南長門町が町立てされてから、この名になった。地子町の一つ片町2丁目S40.9.1 
木ノ新保一番丁 きのしんぼいちばんちょう古くは石川郡石浦庄木の新保村で、藩政初期のころ金沢城近くの西側からこの地に移り、一帯を木ノ新保と総称した。明治4年、木ノ新保厩町が木ノ新保一番丁となった本町1丁目、此花町S40.9.1 
木ノ新保二番丁 きのしんぼにばんちょう古くは石川郡石浦庄木の新保村で、藩政初期のころ金沢城近くの西側からこの地に移り、一帯を木ノ新保と総称した。明治4年、木ノ新保須田町が二番丁となった本町1・2丁目S40.9.1 
木ノ新保三番丁 きのしんぼさんばんちょう古くは石川郡石浦庄木の新保村で、藩政初期のころ金沢城近くの西側からこの地に移り、一帯を木ノ新保と総称した。明治4年、木ノ新保糸倉町が木ノ新保三番丁となった本町1丁目、此花町S40.9.1 
木ノ新保四番丁 きのしんぼよんばんちょう古くは石川郡石浦庄木の新保村で、藩政初期のころ金沢城近くの西側からこの地に移り、一帯を木ノ新保と総称した。明治4年木ノ新保竹町が四番丁となった本町2丁目、此花町、堀川町S40.9.1 
木ノ新保六番丁 きのしんぼろくばんちょう古くは石川郡石浦庄木の新保村で、藩政初期のころ金沢城近くの西側からこの地に移り、一帯を木ノ新保と総称した。明治4年、「白髭前」が六番丁となった本町2丁目S40.9.1 
木町一番丁 きまちいちばんちょう藩政のころ、材木問屋が集まっていたので、はじめ卯辰ノ木町、かつて四筋あったことから四丁木町などと呼ばれ、のち、この名がついた。地子町の一つ東山1・2丁目S41.9.1 
木町二番丁 きまちにばんちょう東山1・2丁目S41.9.1 
木町三番丁 きまちさんばんちょう東山1丁目S41.9.1 
木町四番丁 きまちよんばんちょう東山1・2丁目S41.9.1 
銀杏町 ぎんなんちょう藩士本多家の家士であった芝木氏の邸地が当地にあり、同所にはイチョウの古木があったことに因むといわれるが、当地には芝木氏の邸地は見当たらない桜町、暁町S41.2.1 
九人橋下通 くにんばししたどおり九人橋は東内惣構堀に架けられた橋で、橋番が置かれていた。十人並んで渡ると九人の影しか映らないという伝説から、橋の名がついたという。町名はここから生まれた兼六元町S41.2.1 
九枚町 くまいまち加賀藩の老臣奥村氏(一万二千石)の下屋敷地であり、同家の家紋九枚笹にちなみ、明治2年、この名がつけられた暁町S41.2.1 
賢坂辻通 けんさかつじどおり藩政時代は、小性町と称されているように平士屋敷を中心とした武家町であった。町名は久保市神社の氏子圏の南東境であったことから、剣崎辻とも剣先辻と呼ばれ、明治4年、町名となった小将町、兼六元町S41.2.1 
玄蕃町一番丁 げんばまちいちばんちょう加賀藩重臣、津田玄蕃(禄高1万石)の下屋敷があったところで、明治2年、この名がつけられた。一番丁、二番丁、三巡りの3つに分かれた材木町S41.2.1 
玄蕃町二番丁 げんばまちにばんちょう橋場町、材木町S41.2.1  
玄蕃町三巡り げんばまちみつめぐり橋場町S41.2.1  
高儀町 こうぎまちもと寺地などであったが、藩政前期に藩用地とし藩士の屋敷などを置いたので、公儀町と呼ばれ、文政6年(1823年)公儀の文字をはばかり、この名に改められたという。地子町の一つ長土塀2・3丁目S40.9.1 
五十人町 ごじゅうにんまち藩政前期、加賀藩士小幡宮内の下屋敷があったが、のち、足軽五十人の組地となったので、この名がついた白菊町、千日町S44.2.1 
小尻谷町 こじりだにまち坂の町であり、この坂が尻谷坂(尻垂坂)より小さく、小尻谷坂と呼ばれたことによる。明治4年頃に町名がつけられた東兼六町S41.2.1 
児玉小路 こだましょうじ稲荷社の上から材木町に通じる小路で、藩士児玉氏の屋敷地があったことから、名付けられた橋場町S41.2.1 
五寶町 ごぼうまち西末寺(浄土真宗本願寺派別院)の門前で、藩政時代は西末寺町、西御坊町とも呼ばれていたが、明治4年、この名に改められた安江町、笠市町、瓢箪町S40.9.1 

お問い合わせ先

市民局 市民協働推進課
電話番号:076-220-2026
FAX番号:076-260-1178
kyoudou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。