本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の防災・安全の中の防災から雨や風の知識
印刷用ページを表示する
 

雨や風の知識

風水害に備える

台風や豪雨の到来は予測できるからと安易に考えてはいけません。大雨や強風は私たちに何度も大きな災害をもたらしています。油断せず日頃から十分な対策を立てておきましょう。

注意報と警報

  • 「注意報」 災害が起こるおそれがある場合に出されます。
  • 「警報」 重大な災害が起こるおそれがある場合に出されます。

1時間20ミリ、又は降り始めから100ミリを超える場合は、災害の可能性が高くなります。気象情報に注意しましょう。

台風

台風とは、「風速17.2m/s(メートル/毎秒)以上の風が吹く、熱帯地方に発生した低気圧」のことです。日本列島には毎年多数の台風が接近または上陸し、強風と大雨によりたびたび大きな被害にあっています。台風情報に注意して被害が出ないように備えましょう。
台風の大きさは「風速15m/s(メートル/毎秒)以上の半径」、強さは「最大風速」で表されています。

風と被害

風速10m/s かさがさせない
風速15m/s 看板やトタン板が飛びはじめる
風速20m/s 小枝が折れる
風速25m/s 瓦が飛び、テレビアンテナが倒れる
風速30m/s 雨戸がはずれ、家が倒れることもある

※気象庁による。風速は10分間の平均速度。

台風の「大きさ」の表現

用語 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

台風の「強さ」の表現

用語 最大風速
強い 33m/s以上〜44m/s未満
非常に強い 44m/s以上〜54m/s未満
猛烈な 54m/s以上

※気象庁による。

集中豪雨

集中豪雨イラスト

集中豪雨は、短期間のうちに狭い地域に集中して降る豪雨のことで、梅雨の終わりごろによく起こります。狭い地域に限られ突発的に降るため、その予測は比較的困難です。中小河川の氾濫や土砂崩れ、がけ崩れなどによる大きな被害が予想されます。がけ付近や造成地、扇状地などは気象情報に十分注意し万全の対策をとるようにしましょう。

1時間の雨量と降り方

1時間の雨量 予報用語 人の受けるイメージ 災害発生状況
10~20ミリ やや強い雨ザーザーと降る。長く続く時は注意が必要
20~30ミリ 強い雨どしゃ降り。側溝や下水、小さな川があふれ、小規模のがけ崩れが始まる。
30~50ミリ 激しい雨バケツをひっくり返したように降る。山崩れ、がけ崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要。
50~80ミリ 非常に激しい雨滝のように降る(ゴーゴーと降り続く。)都市部では地下室に雨水が流れ込む場合がある。土石流が起こりやすい。多くの災害が発生する。
80ミリ以上 猛烈な雨息苦しくなるような、圧迫感がある。恐怖を感じる。雨による大規模な災害の発生するおそれが強い。

問い合わせ先

危機管理監 危機管理課
電話番号:076-220-2366
FAX番号:076-233-9999
kiki@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。