本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の防災・安全の中の防災から防災備蓄物品の紹介
印刷用ページを表示する
 

防災備蓄物品の紹介

金沢市が備蓄している防災用品

金沢市地域防災計画

 金沢市地域防災計画は、昭和39年に策定され、その後、平成7年の阪神淡路大震災を踏まえた大規模な改訂等、随時、計画の見直しを行ってまいりました。このたび、平成23年に発生した東日本大震災や近年多発する豪雨災害からの教訓等を踏まえ、〔震災対策計画〕及び〔風水害等災害対策計画〕について見直しを行うとともに、〔原子力災害対策計画〕を新たに作成し、より具体的で迅速性、実行性の向上を図っております。

防災備蓄物品

 金沢市では、下記の物品を防災用に備蓄しています。この他、中核市災害時相互応援協定による公的備蓄や民間団体等との災害時防災活動協力協定による流通備蓄を活用して、必要物資を確保する体制を構築しています。

平成26年度末備蓄総量
 <食 料> <医薬品等>
アルファ米100,000食応急手当キット164組
粉ミルクセット1,000缶医療セット2組
長期保存水(500ml)9,000本石灰250袋
 <生活必需品>消毒薬(500ml)70本
日用品セット22,650組マスク100,000枚
災害用毛布50,000枚 <防災資機材>
携帯用コンロ600台照明設備72基
紙おむつ12,000組組立トイレ160台
生理用品11,000組マンホールトイレ20台
ラジオ164台移動式炊飯器81台
トイレットペーパー5,000個小型浄水機57台
ごみ袋10,000枚テント186張
食器セット10,000組非常用発電機10台
カセットコンロ97台ブルーシート2,000枚
カセットボンベ3,492本対流式ストーブ324台
バルーン水槽11台カセットボンベ式発電機68台
ワンタッチ間仕切11台  

アルファ米

  • お湯を入れるだけで、約20分で山菜おこわができあがります。
  • 金沢市では、10万食分のアルファ米を備蓄しています。

アルファ米

アルファ米

日用品セット

  • 避難された方が、避難場所で一時的に生活する際に、必要なものをセット(4人分)にしています。
  • タオル、ティッシュ、歯ブラシ、洗剤、コップ、カミソリ、生理用品等

日用品セット

日用品セット

災害用毛布

  • 避難者用に毛布を備蓄しています。
  • 普段は真空パックで保管しています。

災害用毛布

災害用毛布

災害用毛布

携帯コンロ

携帯コンロ

粉ミルクセット

粉ミルクセット

紙おむつ

  • 大人用紙おむつ(左)
  • 子供用紙おむつ(右、新生児用も有ります)

紙おむつ

紙おむつ

応急手当キット

  • 出血等で緊急に必要となるものを保管しています。50人用のものです。
  • 包帯、三角巾、医療用手袋、副木等

応急手当キット

応急手当キット

組立トイレ

  • 避難所に臨時に設置します。
  • 和式、洋式、車いす対応、男性用などのタイプがあります。

組立トイレ

組立トイレ

組立トイレ

移動式炊飯器

  • プロパン、灯油、薪燃料タイプ
  • 大鍋は、約100Lの湯を沸かすか約65Kgの米飯を炊く能力があります。
  • (おにぎり約540個)
  • 小鍋は、約30Lの湯を沸かすか約20Kgの米飯を炊く能力があります。
  • (おにぎり約160個)

移動式炊飯器

移動式炊飯器

移動式炊飯器

小型浄水機

  • 災害時に、河川水やプールの水などを飲料水や生活用水として使えるようにする浄水機です。
  • 1時間の運転で300人が必要とする飲料水(2・3L/人)を浄化できます。

小型浄水機

問い合わせ先

危機管理監 危機管理課
電話番号:076-220-2366
FAX番号:076-233-9999
kiki@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。