本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップから金沢市危機管理計画
印刷用ページを表示する
 

金沢市危機管理計画

 危機管理とは、新型インフルエンザや光化学オキシダント等による健康阻害、水道、電気、ガス等のライフライン事故、野生動物による危険、その他様々な危機事態による被害を未然に防止するための平常時の事前対策、事態発生時の被害を最小限に抑制するための対応及び事態収束後の安定を図るための事後対策を総合的に推進することをいいます。
 金沢市危機管理計画は市民の生命、身体、財産を保護するため、市内における危機事態の発生を未然に防止し、また、発生した場合に被害を最小限に食い止めることを目的に策定しました。

対象事態

 この計画では、「金沢市地域防災計画」に規定する災害及び「金沢市国民保護計画」で規定する武力攻撃事態等を除いた事態を対象としています。
 事態とは、本市として緊急に対応が必要な次に該当する事象のうち、部局(課を含む)単位以上での組織的な対応が必要となるものをいいます。

  • 市民の生命、身体及び財産に重大な被害が生じ、又は生じるおそれのある事象
  • 市の行政運営及びサービスに重大な支障を及ぼす事象
  • 市の行政信頼を著しく失墜させる事象

内容

  • 平常時の事前対策
    「責任体制」、「各部局・危機管理課・職員の責務」、「危機管理マニュアルの作成」等について規定しています。
  • 事態発生時の対応
    「事態レベルによる対応体制」、「迅速かつ的確な情報処理」、「事態対応の実施と被害の拡大防止」、「事態発生時の広報」等について規定しています。
  • 事後対策
    「復旧、復興」、「被災者支援 」、「事態の検証による対応の評価と再発防止」、「危機管理の検証及び危機管理マニュアルの見直し」等について規定しています。

事態レベル

 事態に対する対応体制を明確にするため、事態の状況を多角的に分析し、事態レベルを1~4まで設定しています。

事態の分類

  • 指定事態
    事態のうち、主たる所管部局が明かで、その規模が大きくなった場合、社会的影響が大きく、かつ、全庁的な対策を要すると認められ、事態レベル3以上のもの
  • 一般事態
    事態のうち、指定事態及び不測事態を除いたもの
  • 不測事態
    発生すること事態が予測困難であり、主たる所管部局が明らかでないもの

問い合わせ先

危機管理監 危機管理課
電話番号:076-220-2366
FAX番号:076-233-9999
kiki@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。