本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の市民活動・相談の中の消費生活情報ページ
印刷用ページを表示する
 

消費生活情報ページ

「消費者教育啓発事業に関する市民グループ・団体との協働事業」            企画の募集について

 消費トラブルの未然防止や被害の軽減等、消費生活に関する基礎知識及びその活用方法を学び、自立した賢い消費者を育成することを目的とし、市民を対象とした啓発事業の企画を市民グループ・団体から募集し、効果的と認められる企画を提案していただいた市民グループ・団体に事業を委託します。

 
応募対象次の要件を全て満たすグループや団体
  
 1.民間の非営利団体(法人格の有無は問わない)であること。
 2.市内を活動の本拠地としていること。
 3.団体構成員が4名以上であること。
 4.提案企画の実施、運営が可能な体制が確保されていること。
 5.宗教活動団体、政治活動団体、暴力団関係団体でないこと。
募集企画の
内容
消費者問題に関するテーマで、広く市民を対象とし、市民の消費力向上に
役立つ企画
【例】・子ども向けおこづかい管理講座
   ・一般市民向けインターネット安全講座
   ・高齢者向け消費者被害防止講座  等
 
応募方法応募申込書に必要事項を記入し、郵送または持参で下記までご応募下さい。
応募締切平成30年5月22日(火) 必着
選   定選定基準に基づき、応募団体のプレゼンテーションと書類審査により選定します。
プレゼンテーションは平成30年6月初旬を予定しています。
応募・
申込先
金沢市市民局人権女性政策推進課
〒920-8577 金沢市広坂1-1-1
TEL (076)220-2095 FAX (076)260-1178

募集要項 (126kbyte)pdf
応募申込書 (81kbyte)doc  (103kbyte)pdf

ご注意ください!

消費生活センター職員を装った不審電話が多発しています

消費生活センター職員を名乗り、「個人情報が流出しており削除してあげる」という電話が相次いでいます。
  消費生活センターからこのような電話を行うことはありません
  電話があっても対応しないでください
  消費生活センターが「個人情報を削除する」と連絡することはありません

類似事例 「個人情報を削除してあげる」国民生活センターをかたる電話
 

還付金詐欺が続発しています

市職員を装った不審電話が多発しています。

医療費や保険料の還付(もどし)があるなどして、現金自動払込機(ATM)を操作させようとしたり、携帯電話番号を聴き取ろうとする内容の不審電話が多発しています。
市役所などの公的機関では、
  医療費や保険料の還付の際に、フリーダイヤルへの連絡を求めることはありません
  医療費や保険料の還付の際に、ATMの捜査を指示することはありません
 国民健康保険ホームページ

悪質商法や消費者トラブルなどの紹介

通話録音装置の無償貸出し

金沢市長メッセージ

相談

●金沢市の相談機関
〒920-0907 金沢市青草町88 近江町いちば館 5階
TEL:076-232-0070 FAX:076-260-6730
(受付時間) 午前9時~午後5時 月曜~金曜及び第3日曜
※土曜、第3をのぞく日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は休業します。

講座、啓発資料など

商品テスト・回収情報

関連サイト リンク集

問い合わせ先

市民局 人権女性政策推進課
電話番号:076-220-2095
FAX番号:076-260-1178
jinkenjyosei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。