本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の福祉の中の障害のある方の福祉から障害を理由とする差別の解消の推進について
印刷用ページを表示する
 

障害を理由とする差別の解消の推進について

 国連の「障害者の権利に関する条約」の締結に向けた国内法制度の整備の一環として、全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、障害を理由とする差別の解消を推進することを目的として、平成25年6月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる「障害者差別解消法」)が制定され、平成28年4月1日から施行されました。 

差別を解消するための措置

不当な差別的取扱いの禁止 合理的配慮の提供
国・県・市町法的義務国・県・市町法的義務
民間事業者民間事業者努力義務
○不当な差別的取扱いとは
 障害のある人に対して、正当な理由なく、障害を理由として、サービスや各種機会の提供を拒否したり、提供に当たって条件を付けたりするような行為を言います。
(例)障害を理由として、窓口対応を拒否する、順番を遅くする、書面や資料を渡さない。
(例)障害を理由として、説明会などへの出席を拒む、必要のない付き添い者の同行を求めるなど

○合理的配慮とは
 障害のある人から何らかの配慮を求める意思の表明があった場合に、負担になり過ぎない範囲で、合理的配慮を提供することとされています。
(例)段差がある場合に、車椅子利用者にキャスター上げ等の補助をする。
(例)筆談、読み上げ、手話などを用いるなど
 
 

障害者差別解消法の情報

障害者差別解消法の情報は、内閣府のホームページに掲載しています。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する金沢市職員対応要領

 障害者差別解消法において、地方公共団体等は、職員が適切に対応するために必要な要領を定めるよう努めるものとされており、本市では、以下のとおり定めました。

障害者差別解消支援地域協議会の設置について

 障害者差別解消法第17条の規定に基づき、本市において、障害を理由とする差別を解消するための取組を効果的かつ円滑に行うため、金沢市障害者差別解消支援地域協議会を平成29年3月に設置しました。
  金沢市障害者差別解消支援地域協議会設置要綱
 
 開催状況
 
◇平成29年度
<第1回>
 日時  平成29年7月14日金曜日 午後3時00分~午後4時30分
 場所  金沢市役所7階 議会第3委員会室
 内容  ・障害者差別解消法について、合理的配慮の提供等事例集(内閣府)について、
      障害特性に応じた対応について
<第2回>
 日時  平成30年2月21日水曜日 午後3時00分~午後4時10分
 場所  金沢市役所7階 議会全員協議会室
 内容  ・合理的配慮の提供等事例集(内閣府)について(平成29年11月改訂版)
     ・金沢市障害福祉課の取組状況について
     ・意見交換(非公開)

 

問い合わせ先

福祉局 障害福祉課
電話番号:076-220-2289
FAX番号:076-232-0294
syoufuku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。