本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の福祉の中の介護保険から介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)
印刷用ページを表示する
 

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)

1 総合事業の目的・考え方

団塊の世代が75歳以上となる平成37(2025)年に向け、単身高齢者世帯や高齢者夫婦のみ世帯、認知症高齢者の増加が予想されるなか、介護が必要な状態になっても住み慣れた地域で暮らし続けることができるようにするため、介護だけではなく、医療や予防、生活支援、住まいを包括的に提供することが必要になります。
介護保険法第115条の45第1項に規定する総合事業は、市町村が中心となって、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すものです。
要支援者等については、有する能力に応じた柔軟な支援を受けていくことで、自立意欲の向上につなげていくことが期待されています。そこで、従来予防給付として提供されていた全国一律の介護予防訪問介護及び介護予防通所介護を、市町村の実施する総合事業に移行し、要支援者自身の能力を最大限活かしつつ、介護予防訪問介護等と多様なサービスを総合的に提供可能な仕組みに見直すこととなりました。
総合事業では、要支援者等が選択できるサービス・支援を重視し、在宅生活の安心確保とともに、高齢者の社会参加の促進や要支援状態となることを予防する事業の充実を図ります。このことにより、要介護・要支援認定に至らない高齢者の増加、効果的な介護予防ケアマネジメントと自立支援に向けたサービス展開による要支援状態からの自立の促進や重度化予防の推進等が図られることを目指します。

2 総合事業を構成する各事業の対象者及び内容

総合事業は、要支援者等に対して多様な支援を行う「介護予防・生活支援サービス事業」と、全ての高齢者を対象として運動器の機能向上教室等の介護予防を行う「一般介護予防事業」から構成されています。

(1) 事業の対象者
介護予防・生活支援サービス事業の対象者は、「要支援認定者」と、基本チェックリストを用いた簡易な形で選ばれる「介護予防・生活支援サービス事業対象者」とします。
 
(2) 事業の内容
介護予防・生活支援サービス事業は、要支援認定者等の多様な生活支援ニーズに対応するため、従来、全国一律の予防給付として提供されていた介護予防訪問介護及び介護予防通所介護を市町村の実施する総合事業に移行し、従来の介護予防訪問介護及び介護予防通所介護に相当するサービスと多様な主体が参画する多様なサービス等を総合的に提供する事業です。
この事業は、表1のとおり、「訪問型サービス」、「通所型サービス」、「その他の生活支援サービス」及び「介護予防ケアマネジメント」から構成されます。

 
表1 介護予防・生活支援サービス事業
 
事業 内容
訪問型サービス要支援者等に対し、掃除、洗濯等の日常生活上の支援を提供
通所型サービス要支援者等に対し、機能訓練や集いの場など日常生活上の支援を提供
その他の生活支援サービス要支援者等に対し、栄養改善を目的とした配食や一人暮らし高齢者等への見守りを提供
介護予防ケアマネジメント要支援者等に対し、総合事業によるサービス等が適切に提供できるようケアマネジメント

3 金沢市における介護予防・生活支援サービス事業の構成

金沢市における介護予防・生活支援サービス事業については、表1のうち、訪問型サービス、通所型サービス及び介護予防ケアマネジメントを実施し、訪問型サービスと通所型サービスについては以下のような提供体制を考えています。

サービスの提供体制
 ①訪問型サービスの提供体制
 
区分 現行の介護予防
訪問介護相当サービス
多様なサービス
サービス種別介護予防型
訪問サービス
基準緩和型訪問サービス
(緩和した基準による
サービス…※1)
短期集中型訪問サービス
(概ね3か月の短期的な
サービス…※2)
サービス内容身体介護、生活援助生活援助(清掃、買物、
調理、洗濯等)
栄養相談指導
現状から想定
されるサービス
提供者
指定事業者指定事業者委託

  ②通所型サービスの提供体制
 
区分 現行の介護予防
通所介護相当サービス
多様なサービス
サービス種別介護予防型
通所サービス
基準緩和型通所サービス
(緩和した基準に
よるサービス…※1)
短期集中型通所サービス
(概ね3か月の短期的な
サービス…※2)
サービス内容運動、生活機能の
向上のための機能訓練
運動中心のサービス運動器機能向上、
口腔機能向上
現状から想定
されるサービス
提供者
指定事業者指定事業者委託
 
 ※1…現行の介護予防訪問介護又は介護予防通所介護に相当するサービス(介護予防型訪問サービス又は介護予防型通所サービス)か
    ら人員、設備及び運営にかかる基準を緩和して実施するサービス
 ※2…歯科医師・歯科衛生士、管理栄養士やリハビリテーション専門職等が効果的かつ効率的に関与する概ね3か月の期間を限定して
    実施するサービス

 

問い合わせ先

福祉局 介護保険課
電話番号:076-220-2264
FAX番号:076-220-2559
kaigo@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。