本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の福祉の中の介護保険から利用料1
印刷用ページを表示する
 

利用料1

利用料の負担

介護保険サービスを利用した場合、利用料としてかかった費用の1割(平成27年8月1日以降、一定以上の所得者は2割)を利用者に自己負担していただきます。施設サービスを利用した場合、1割(平成27年8月1日以降、一定以上の所得者は2割)の利用料の他に居住費と食費の負担が必要です。その他、サービスによっては、滞在費や食費、日常生活費などの負担が必要となる場合もあります。なお、介護予防サービス・在宅サービスは、要介護度ごとの利用限度の範囲内で利用できます。(限度額は下表) 利用限度を超えてサービスを利用したときは、超えた分が全額自己負担となります。

介護予防サービス・在宅サービスの利用限度額

利用限度額(1か月あたり)

利用限度の対象となるサービス

  • 訪問介護・介護予防訪問介護
  • 訪問入浴介護・介護予防訪問入浴介護
  • 訪問看護・介護予防訪問看護
  • 訪問リハビリテーション・介護予防訪問リハビリテーション
  • 通所介護・介護予防通所介護
  • 通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション
  • 福祉用具貸与・介護予防福祉用具貸与
  • 短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護
  • 短期入所療養介護・介護予防短期入所療養介護
  • 認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護
  • 小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護
  • 認知症対応型共同生活介護(短期利用に限る)・介護予防認知症対応型共同生活介護(短期利用に限る)
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 看護小規模多機能型居宅介護
要支援・要介護状態区分 在宅サービスの区分支給限度額の単位数
(1月あたり)
要支援1 5,003単位
要支援2 10,473単位
要介護1 16,692単位
要介護2 19,616単位
要介護3 26,931単位
要介護4 30,806単位
要介護5 36,065単位

施設サービスについては、施設の種類ごとに要介護度と居室のタイプに応じた利用額が決まりますので、利用限度はありません。

在宅サービス利用料の助成について

在宅での介護を支援するために、利用限度額を超えて
サービスを利用したため、介護保険の対象とならない費用の一部を助成します。

対象 要介護3〜5の方で、市民税非課税世帯で、市民税が課税されている方と同居していないなどの要件を満たす方
内容 利用限度額を超えて在宅サービスを利用した場合に、利用限度額を超えた分の2分の1を助成します。
(助成される金額は、22,700円までです。)

利用料の特例について

障害のある方の訪問介護及び訪問入浴介護

障害者自立支援サービスで自己負担のなかった方が介護保険対象となり、自己負担が必要となった方の利用料は減額されます。

※訪問入浴介護については金沢市独自の軽減施策です。

じっくりコースメニュー

お問い合わせ先

福祉局 介護保険課
電話番号:076-220-2264
FAX番号:076-220-2559
kaigo@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。