本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップから不育症について
印刷用ページを表示する
 

不育症について

不育症とは

妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して、結果的に子供を持てない場合、不育症と呼びます。一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を探索します。

不育症の詳細について

厚生労働省研究班から不育症のホームページが公開されています。
不育症についてのQ&Aや不育症治療医療機関の情報なども掲載されています。

不育症の相談窓口

不育症は石川県不妊相談センターで相談できます。

    石川県不妊相談センターのホームーページ
 
    不育症の相談窓口 (「石川県不妊相談センター」 )
     専用電話番号  /076-237-1871
     面接相談/電話で予約要
     メール相談/ funin@pref.ishikawa.lg.jp (返信の差出人は「不妊・ミルキウェイ」です)
     相談日時/月~土 9:30~12:30  火のみ 9:30~12:30/18:00~21:00
            日曜日・祝日・年末年始(12/29~1/3)は休み
                      
                   




 

 

不育症治療費助成事業

金沢市では、医療機関において不育症と診断され、その治療を受けているご夫婦に対し、不育症治療費の一部を助成しています。

不育症治療

対象となる治療

・不育症治療のうち、保険適用のある治療
・不育症の診断するための検査で、不育症治療につながったもの
・平成29年4月1日以降に受けた不育症治療及び検査
*治療開始からその妊娠に関する出産(流産等を含む)までの時点を1回の治療期間とします。

助成金額

・不育症治療にかかる自己負担額のうち、保険診療分に対し、1年度(治療が終了した日の属する年度)あたり15万円を上限とします。
・助成期間は通算5年間です。

助成対象者 

・医療機関において不育症と診断されている方
・不育症治療時において、両者またはどちらか一方が、金沢市に住民登録がある戸籍上の夫婦
・夫婦ともに医療保険に加入していること
 

お持ちいただくもの 

・不育症治療医療機関受診等証明書
*不育症と診断した医療機関と治療した医療機関が異なる場合や院外処方された薬局は、それぞれに不育症治療医療機関受診等証明書が必要です。
・健康保険証、振込先の預金通帳、ご夫婦の各認印、母子手帳
・単身赴任など必要に応じて、住民票および戸籍謄本
 

申請期間   

・治療終了日の属する月の翌月の初日から2年以内です。

申請後のながれ

・申請書等の内容を審査の上、承認した方に対し、承認決定通知書を送付し、助成金を口座振込で支給します。
・申請書の受付から振込みまでは、約2か月かかります。
 

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。