本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の子育て支援医療費助成制度等からひとり親家庭等医療費助成制度
印刷用ページを表示する
 

ひとり親家庭等医療費助成制度

平成27年7月より一部(児童の方)への助成法等が変更となりました。

 ひとり親家庭等医療費受給資格証の親用は緑色、児童用は白色です。市内在住の中学校3年生までのお子様については、子ども医療証が優先されます。翌年3月に中学校を卒業するお子様がいらっしゃる場合は、3月末に新しい受給資格証を郵送します。
児童(白色の受給者証)の方は、窓口での支払い方法が現物給付になります。
親(緑色の受給者証)の方の支払い方法(医療機関で証を提示し、自己負担を支払い後、助成額を自動的に振り込む方法)は、今までどおり変更はありません。

金沢市に住所があり、健康保険に加入している母子家庭・父子家庭・養育者家庭の方が病気やけがで医療機関を受診したときに、医療費を助成します。

対象
  • ひとり親家庭の父または母
  • ひとり親家庭の父または母及び養育者に扶養されている児童(満18歳になった日以後最初の3月31日まで。ただし、中程度以上の障害がある場合は20歳未満まで)
    (児童扶養手当同様の所得制限があり、児童扶養手当全部支給停止の方は受けられません)
    (子育て支援医療費助成制度における未就学児は除きます)
対象となる医療 通院分および入院分
助成額 保険診療に係る医療費の自己負担分の1ヶ月分の合計から1,000円を差し引いた額
(自費診療分、健康診断の費用、予防接種代、文書料、入院の食事代、差額ベッド代等は対象外)

助成方法

親(みどり色の受給資格証をお持ち)の方の自動償還払い(金沢市への申請不要)

金沢市指定の医療機関(病院・診療所・薬局)で受診する場合は、

  1. 医療費の本人負担額を窓口で支払う
  2. 医療証・受給資格証を窓口で提示する
  3. 助成金が指定の口座に振り込まれます(自動償還払い)

※金沢市指定の医療機関は、医療機関窓口に掲示されています。掲示がない場合は医療機関におたずねください。

※高額療養費に該当した場合
 ・平成26年9月診療分まで
  自動償還払いにおいて、高額療養費等も含めて助成します。
  ただし、後日、金沢市が健康保険者に高額療養費を請求するために必要な委任状を提出していただくことになります。
  (様式は金沢市から送付されます。)
 ・平成26年10月診療分から
  高額療養費等を差し引いて助成します。高額療養費等は、ご加入の健康保険者から払い戻しを受けてください。

以下の場合はこれまでどおり金沢市への申請手続きが必要です。

  • 金沢市指定の医療機関以外で受診する場合
  • 他の公費負担医療(小児慢性特定疾患・未熟児養育医療・育成医療等)に該当する場合
  • 医療証・受給資格証を提示せずに受診した場合

児童(白色の受給資格証をお持ち)の方の現物給付の方法(金沢市への申請不要)

金沢市指定の医療機関(病院・診療所・薬局)で受診する場合は、

医療費の下記のとおりの窓口で支払いになります。
   
  通院  1医療機関あたり1日500円
  入院  1医療機関あたり1日1,000円
  薬局  無料(保健薬局における保健調剤)
    注意:自費診療分は別途かかります。
    (親(緑色の受給者証をお持ち)の方は、現物給付にはなりません。自動償還となります)

 ※現物給付を受けた方で、窓口負担(保険診療分)の1か月の合計が1,000円を超える部分例:現物給付で3日以上通院で1,500円かかった場合等)については、自動的に3か月後に口座に振り込まれます。

 ※現物給付ができるかどうか窓口で医療機関におたずねください。
 
 ※国保組合(全国土木建築国民健康保険組合、全国建設工事業国民健康保険組合等で金沢市国民健  
  康保険と石川県医師国保組合を除く)に加入する受給者については、高額療養費が生じた場合は限度  
  額認定証の提示がなければ現物給付は受けれません。


※以下の場合はこれまでどおり金沢市への申請手続きが必要です。

金沢市指定の医療機関以外で受診する場合
他の公費負担医療(小児慢性特定疾患・未熟児養育医療・育成医療等)に該当する場合
医療証・受給資格証を提示せずに受診した場合

金沢市へ申請する場合

受給者証を提示しないで受診した場合、
指定医療機関以外(市外の医療機関を含む)で受診した場合、
他の公費負担医療(厚生医療、精神通院公費等)に該当する場合
 
  上記の場合は、金沢市への助成手続きが必要です。
       (下記の手続きで、受診月の翌月以降に申請してください)


  1.医療費の本人負担額を窓口で支払う
  2.金沢市へ申請する
  3.助成金が指定の口座に振り込まれます

申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 医療証・受給資格証
  • 印鑑
  • 医療費領収書
    (受給者氏名、保険点数、診療年月、自己負担額、医療機関名、領収印等が明記されているもの)
  • 高額療養費に該当する場合は、高額療養費支給決定通知書等高額療養費の金額が分かるもの

申請先

お近くの市民センター、福祉健康センターまたは市役所1階福祉と健康の総合窓口に申請してください。

お問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。