本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生から尿失禁
印刷用ページを表示する
 

尿失禁

女性のサポートブック「ビューティフルエイジング」

ガールズVer

レディスVer

女性の4人に1人は尿漏れで悩んでいます

尿漏れに悩む女性は、男性以上に多く、40歳代以上になると30%以上の方が尿漏れを経験しているといわれています。

30歳代~40歳代の尿漏れの多くは、咳、くしゃみや大笑いをした時、重い荷物を持ち上げた時など、お腹に急激に圧力が加わった時に漏れてしまう「腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)」と呼ばれるタイプで、出産経験のある女性に多い傾向があります。

W.c

妊娠中や産後には膀胱(ぼうこう)や尿道を支える筋肉(骨盤底筋群)がゆるみ、更年期になると尿道口付近の筋肉や骨盤底筋群が加齢により弱くなり、さらに女性ホルモン(エストロゲン)が減少してくると膀胱の粘膜や括約筋が萎縮してくるので、尿漏れを起こしやすくなります。

腹圧性の軽い尿漏れの場合は、骨盤底筋群を鍛える体操で多くの場合改善します。

骨盤底筋体操(こつばんていきんたいそう)

膀胱、尿道、膣、肛門を支える筋肉を鍛える体操です。仰向けに寝て足を肩幅に開き、軽く膝を立てます。手をお腹と下腹部においてからだの力を抜きます。
ゆっくり、肛門と膣を締め、10秒キープして10秒休みます。
これを数回繰り返します。

たいそう

尿漏れのタイプは他にもあります

ふとしたときに突然尿意を感じあわててトイレに向かいますが間に合わずに漏らしてしまう「切迫性尿失禁」があります。
この場合は、膀胱(尿をためるところ)や尿道の働きに問題があることが多く、薬物治療が必要なこともありますので、専門医に相談しましょう。

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。