本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生から月経前症候群
印刷用ページを表示する
 

月経前症候群

女性のサポートブック「ビューティフルエイジング」

ガールズVer

レディスVer

生理(月経)前の月経前症(PMS)

生理(月経)の始まる3~10日前からなんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、お腹が張る、乳房が痛いなどと感じることはありませんか。
それは、PMSかも知れません。不快な感じは、生理の開始とともに軽くなるか、消えて気にならなくなるのが特徴です。

症状

からだの症状 お腹や乳房の張りや痛み  頭痛  ニキビ  食欲亢進(こうしん) むくみ  便秘や下痢  眠いまたは眠れない  など
こころの症状 怒りやすい(イライラする)  ゆううつ  無気力集中力低下  不安になる など

 これらの症状により仕事や家事に集中できなくなったり、攻撃的になってトラブルがおきやすくなるなど日常生活に支障をきたすこともあります。

原因

黄体後期の黄体ホルモン、エストロゲンの急激な低下が、脳内のホルモンや活性物質の異常を引き起こしていると考えられています。しかし、一つの原因だけではなく、多くの要因から起こるといわれています。

対処方法

  • 自分がPMSであることに気づかずに、イライラしてまわりの人と衝突し、更にストレスをかかえてしまうケースが多いようです。
    基礎体温を継続的に測定、記録することで、生理のサイクルを自覚していると、トラブルを回避することもできます。
  • バランスの良い食生活(炭水化物に偏(かたよ)った食事は悪化させます。)、適度な全身運動、入浴などでリラックスする、美容室に行く、散歩をするなどで気分転換をはかるなど、セルフケアを避けてストレスをためないなどの工夫も症状の緩和につながります。
  • 仕事に集中できない、眠れないなど日常生活に支障が出るほど症状が重い場合は医師に相談しましょう。

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。