本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生から体重管理
印刷用ページを表示する
 

体重管理

女性のサポートブック「ビューティフルエイジング」

ガールズVer

レディスVer

私って太っている?

若い女性の多くは「やせたい」という願望が強く、必要以上のダイエットを繰り返しがちです。
無理なダイエットによる「やせ」は、生理(月経)がなくなる、貧血など健康に悪いばかりか、髪にもお肌等の美容面にも悪影響を与えます。
バランスのとれた食事と適度な運動で、健康的なスタイルを手に入れましょう。

「やせすぎ」のからだに及ぼす影響

やせすぎの影響

  • 女性ホルモンの低下
    生理不順
    骨粗しょう症
    肌の老化が早まる
  • 貧血
  • 拒食症
  • その他の症状
    肩こり 疲れやすい 冷え性
    便秘 イライラ 多毛 など

もっと知りたい→貧血骨粗しょう症

「やせ」や「肥満」の判定には、BMI(体格指数)が利用されます。
BMI=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

BMI 判定
18.5未満低体重(やせ)
18.5以上25.0未満普通体重
25.0以上肥満

(日本肥満学会2011)

統計学的に最も病気にかかりにくいBMI22の時の体重を標準体重と言い、下記の計算式で計算できます。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

美容体重とモデル体重

理想的な体重の考え方には、スリムにみえるとされる美容体重や、よりスリムなモデル体重などがあります。
芸能人やモデルなどを見て、やせていることが美しいと思いがちですが、健康問題からファッション業界でも極端なやせすぎに、警鐘を鳴らし、BMI18以下のモデルの出場を禁止した国もあります。

問い合わせ先

保健局 健康政策課
電話番号:076-220-2233
FAX番号:076-220-2231
kenkou@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。