本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業」について
印刷用ページを表示する
 

「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業」について

  金沢市では平成27年7月1日から「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業」を実施しております。
  平成30年度もこの事業を継続いたします。この制度をご利用の方は、下記概要をご覧になり、受付窓口(動物愛護管理センター又は保健所)にお申し込みください。
  なお、今までに「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業利用登録証」を取得された方も、平成30年度の「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業利用登録証」を再度申請してください。

「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業」の概要

助成対象金沢市内に生息する飼い主のいない猫の不妊・去勢手術を行う金沢市在住の個人又は団体
助成額オス・メスどちらでも1頭につき3,000円
制度利用上の注意事項
 
① 事前に受付窓口(動物愛護管理センター又は保健所)への申し込みが必要です。
  (手続きについては下記の「金沢市飼い主のいない猫
   の不妊・去勢支援事業」の利用の手順をご覧ください)
② 手術を行う猫は金沢市内に生息する飼い主のいない猫
   に限ります。
③ 手術を行った猫には、再手術を防止するため、耳に
   V字の切り込みを入れます。
④ 石川県獣医師会が指定する動物病院 (65kbyte)pdf
   で行う不妊・去勢手術が支援対象となります。
⑤ 手術が終わった猫は、元の場所に戻してください。

「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業」の利用の手順

① 「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業利用登録申請書及び同意書」docに記入し、受付窓口(動物愛護管理センター又は保健所)に直接提出してください。その際、身分証明書の提示が必要となります。(郵送での申請は出来ません)

② 後日、保健所から「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業利用登録証」(以下「登録証」という。)を発行します。
   なお、登録証はその年度のみ有効で、その年度内には何頭でも利用できます。(保健所へ登録証を受け取りに行くのが困難な場合、申請書を提出の際、あて先を書いた封筒に82円切手を貼って提出していただければ、登録証を郵送いたします。)

③ 事前に、猫を捕まえて手術する旨を近隣に周知してください。

④ 猫を捕獲したら事前に石川県獣医師会が指定する動物病院   byouin.pdf (65kbyte)pdfに連絡し、飼い主のいない猫の手術の予約をしてください。

⑤ 動物病院の受付に行き、動物病院にある「金沢市飼い主のいない猫の不妊・去勢支援事業助成券交付申請書」に記入し、登録証を提示してください。

⑥ 手術終了後、動物病院から手術料金から3,000円を引いた額が請求されます。(後日、金沢市から動物病院に3,000円が支払われます)

⑦ 猫を捕獲した場所に戻してください。

 

問い合わせ先

保健所 衛生指導課 動物愛護管理センター
電話番号:076-258-9070
FAX番号:076-258-9071
doubutsuaigo@city.kanazawa.lg.jp

保健所 衛生指導課
電話番号:076-234-5112
FAX番号:076-220-2518
eishi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。