本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から犬猫を飼ったら
印刷用ページを表示する
 

犬猫を飼ったら

犬・猫を飼ったらのイメージ

犬の登録と狂犬病予防接種

 犬が生後90日を過ぎたら、登録と狂犬病の予防接種をすることが義務付けられています。開業の獣医で、登録と注射が同時に出来ます。
 

登録手数料 3,000円 (犬の一生に一度)
予防注射済票交付手数料 550円
  • 予防注射料金は動物病院にご確認ください。(集合注射の場合は2,550円です。)

犬の鑑札と注射済票

 登録をすると鑑札が、狂犬病の予防接種をすると注射済票が交付されます。
 これらには数字が刻印されており、この数字で犬の身元を照会することが出来ます。もし犬が迷子になっても、鑑札か注射済票をつけていれば、飼主の元へお返しすることが出来ます。

転出する場合(金沢市外へ)

 金沢市外へ転出されるときは、引越した先の市町村役場の犬の登録担当課へ、金沢市で交付された鑑札や注射済み票をお持ちの上、手続きを行ってください。金沢市へ連絡する必要はありません。

転入する場合(金沢市内へ)

 金沢市内へ転入される場合は、以前住んでいた自治体で交付された鑑札や注射済票をお持ちの上、保健所又は動物愛護管理センター窓口で変更の手続きを行ってください。

登録の内容の変更を行なう場合

 飼主の変更、金沢市内での住所の変更については、保健所又は動物愛護管理センター窓口で手続きを行ってください。なお、狂犬病予防注射の案内ハガキに変更届けの用紙が付属していますので、そちらに記入して保健所又は動物愛護管理センターに届けていただいても結構です。

犬の死亡届

 飼い犬が死んだ場合、保健所又は動物愛護管理センター窓口で死亡の手続きを行ってください。なお、狂犬病予防注射の案内ハガキの片側がに変更届けの用紙になっていますので、そちらに記入して保健所又は動物愛護管理センターに届けていただいても結構です。

犬・猫が行方不明になったら

 すぐに飼主が動物愛護管理センターに連絡してください。犬の特徴、不明の状況についてお聞きし、保護の届出、収容犬を確認します。金沢市で不明の場合は、ホームページに掲載できますのでその旨を申し付けください。
 また、警察に保護されている場合もありますので、最寄の警察署へも飼主さんから連絡してください。

犬・猫を飼いたい時

 動物を飼うからにはその動物の終生にわたり、責任と愛情をもって飼育しなければなりません。飼う前に下記の点をもう一度考えて見てください。

  • 最近では20歳の犬・猫もめずらしくありません。20年後でも動物を飼育できる環境ですか?借家なら、引越しの際、ペット飼育可能な借家に必ず引っ越せますか?
  • 室外犬の場合、20年後も散歩できますか?
  • 動物を飼う場合、費用がかかりますが大丈夫ですか?餌代、ワクチン代、怪我や病気の時の治療費等。犬なら狂犬病予防注射とフィラリアの予防薬等も必要です。年間数万円〜数十万円の費用がかかります。
  • 忙しくありませんか?犬猫はさびしがり屋です。毎日愛情を持って遊んであげられますか?

 それでも飼えるという方は、ペットショップから購入する方法と、知人や保健所等から動物を譲り受ける方法があります。
 金沢市でも犬、猫の里親さんを募集しています。詳しくは犬ねこの里親制度のページをご覧ください。

犬・猫を飼い始めたら

○犬猫の健康に気をつけましょう。
 かかりつけの獣医をもち、ワクチン接種やフィラリアの駆虫、ノミ取りなど、病気予防の相談をしましょう。そして、毎日の世話を通して、犬や猫の様子をよく観察しましょう。異常が見つかったら早めに受診しましょう。
 さらに、犬や猫の健康をおびやかすものにも注意しましょう。タバコの副流煙は人だけでなく、犬や猫にも悪影響を与える可能性がありますので、ペットの受動喫煙に気を付けましょう。また、消臭剤、殺虫剤などの化学薬品の使用にも配慮が必要です。

○飼主明示をしましょう。
 毎年、迷子になった犬や猫が金沢市小動物管理センターに収容されます。犬や猫が迷子になった際に飼主のもとに速やかに戻れるよう、迷子札やマイクロチップ等の身元がわかるものを付けましょう。また、犬の場合は、鑑札や済票の装着が法律で義務づけられています。

○マナーを守りましょう。
 犬の散歩の際は、自分の犬がした糞は必ず持ち帰りましょう。また、自分の犬が人の家の前でおしっこをしてしまったら水で流すなど、近隣に住む方に迷惑をかけないようにしましょう。
 さらに、日頃より排泄は、自宅もしくは自宅敷地内で行うように犬をしつけましょう。そうすれば、台風や大雪の際に排泄のために散歩をしなくても済み、犬も人も安全に暮らせます。

○犬にはしつけをしましょう。
 犬は生後1年くらいで家族内での自分の位置を決めます。飼主がしっかりリーダーシップをとりましょう。
 しつけに困ったら、動物病院や犬の訓練士に相談しましょう。

○猫は室内で飼いましょう。
 猫を外に出すと、交通事故、猫同士のケンカによる怪我や感染症、ノミやダニの寄生などのリスクが高まります。さらに、猫の糞尿等により近隣とトラブルになる可能性もあります。家の中に猫タワーなどを設置し、高い所に登れるようにすると、室内でも猫にストレスを感じさせずに飼うことが出来ます。

○猫には必ず不妊去勢手術をしましょう。
 猫は繁殖力の強い動物です。無用な繁殖を防ぐために、不妊去勢手術を受けさせましょう。不妊去勢手術には、大きな声で鳴く、壁などにマーキングする、交配相手を探しに外に出たがるなどの発情期に特有の問題行動を抑えたり、子宮や卵巣、精巣などの生殖器系の病気の予防効果も期待できます。手術については、かかりつけの獣医にご相談ください。
 

犬・猫が飼えなくなったとき

 飼主さんにはその動物を終生飼育する責任があります。親類や友人など飼ってもらえる人を探してください。新たな飼主を見つけられない場合は、必ず下記まで電話にて問い合わせた上で持ち込みください。
 なお、平成25年9月1日施行の改正動物愛護管理法により、終生飼養の原則に反する場合には引取りを一切いたしませんので、ご理解ください。

引き取りをお断りする事例
・犬猫等販売業者から引取りを求められた場合
・引取りを繰り返し求められた場合
・行政からの繁殖制限措置に関する指示に従っていない場合(子犬、子猫の場合)
・犬又は猫の老齢又は疾病を理由として引取りを求められた場合
・飼養が困難であるとは認められない理由により引取りを求められた場合
・あらかじめ引取りを求める犬又は猫の譲渡先を見つけるための取組を行っていない場合

お問い合わせ先

動物愛護管理センター(才田町戊370-2 電話 258-9070)

受付時間

平日 午前8時30分から午後5時15分

引取り手数料

生後91日以上の犬・猫 1頭につき 2,000円
生後91日未満の犬・猫 1頭につき 400円

お問い合わせ先

保健所 衛生指導課 動物愛護管理センター
電話番号:076-258-9070
FAX番号:076-258-9071
doubutsuaigo@city.kanazawa.lg.jp

保健所 衛生指導課
電話番号:076-234-5112
FAX番号:076-220-2518
eishi@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。