本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から沿革
印刷用ページを表示する
 

沿革

昭和28年 と畜場法が公布される。
昭和34年 金沢市営と畜場が金沢市西金沢町に新設される(中央保健所所管)。
昭和53年 金沢市才田町に石川県金沢食肉流通センターが新設され(泉野保健所所管)、従前の
      金沢市営と畜場は閉鎖となる。
昭和54年 所管変更に伴い、泉野保健所から元町保健所に移管される(獣医師4名)。
昭和55年 機構改革に伴い、元町保健所衛生指導課食肉検査室が設置される(室長以下獣医師6
      名)。
昭和59年 獣医師が1名増員される(室長以下7名)。
昭和62年 機構改革に伴い、食肉検査室が元町保健所衛生指導課から保健公害部衛生検査課に移
      る。
平成 2年 名称変更に伴い、食肉検査所となる。
平成 3年 保健公害部が保健環境部に改称される。
平成 4年 獣医師が1名増員され、所長以下8名となる。
平成 5年 獣医師が1名増員され、所長以下9名となる。
平成 8年 機構改革に伴い、保健環境部から福祉保健部となり、食肉検査所は衛生検査課から保
      健衛生課に移る。
平成 9年 獣医師が1名増員され、所長以下10名となる。
平成12年 機構改革に伴い、食肉検査所が保健所生活衛生課に移る。食肉検査所庁舎が新築、移
                 転する。
平成13年 獣医師が1名減員され、所長以下9名となる。10月から、BSE全頭検査を開始する。
平成14年 機構改革に伴い、食肉検査所が食肉衛生検査課となる。獣医師が3名増員され、課長
                 以下12名となる。
平成15年 機構改革に伴い、食肉衛生検査課が食肉衛生検査所となる。
平成16年 獣医師が2名増員(内1名兼務)され、所長以下17名(非常勤3名含)となる。
平成17年 機構改革に伴い、福祉保健部から福祉健康局となり、健康推進局から健康推進部とな
                 る。
平成19年 所長以下16名(非常勤2名含)となり、獣医師15名となる。
平成23年 11月から、石川県金沢食肉流通センターでと畜される牛肉の放射性セシウム全頭検査
                 を開始する。
平成24年 機構改革に伴い、福祉健康局から保健局となり、食肉衛生検査所が試験検査課に移
      る。所長以下15名(非常勤2名含)となり、獣医師14名となる。
平成25年   7月から、BSE全頭検査を廃止し、検査対象月齢を48か月齢超とする。
平成27年 獣医師が1名増員(兼務)され、所長以下16名(非常勤1名含)となり、獣医師15名と
                 なる。9月末日で食肉衛生検査所による放射性物質のスクリーニング検査を終了す
      る。
平成28年 所長以下15名(非常勤3名含)となり、獣医師が14名となる。
平成29年   獣医師が1名減員され、所長以下14名(非常勤2名含)となり、獣医師13名となる。   
      4月から、健康牛でのBSEスクリーニング検査を廃止し、検査対象は症状を呈す
                 る病畜とする。
 

問い合わせ先

保健所 食肉衛生検査所
電話番号:076-257-1402
FAX番号:076-257-2083
syokuniku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。