本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から食肉の残留有害物質検査
印刷用ページを表示する
 

食肉の残留有害物質検査

 食肉に抗生物質等の残留がないか、次の検査を行っています。

(1)抗生物質(簡易検査法)
 平成6年7月1日付け衛乳第107号「畜水産食品中の残留抗菌性物質簡易検査法」に基づき実 
 施しています。
(2)合成抗菌剤等及び駆虫剤(高速液体クロマトグラフ:HPLC)
 平成17年1月24日付け食安発第012300号「食品に残留する農薬、飼料添加剤又は動物用医薬
 品の成分である物質の検査法」に基づき実施しています。
(3)検査の結果
 いずれの検査においても、残留を認める食肉はありませんでした。
  1)健康畜検査頭数及び結果(平成28年度)

    牛             豚 めん羊   計 陽性数
簡易検査法9214312360
HPLC検査277501020
合計11921813380


 (詳細)動物用医薬品別のHPLC検査頭数内訳(平成28年度)
  次の表にある動物用医薬品について検査を行いました。

  動物用医薬品名
抗生物質テトラサイクリン系 a)61622
合成抗菌剤サルファ剤系 b)153550
駆虫剤イベルメクチン系 c)358
フルベンダゾール01212
レバミゾール3710
合計2775102

   a) オキシテトラサイクリン、クロルテトラサイクリン、テトラサイクリン
   b) スルファジアジン、スルファメラジン、スルファモノメトキシン、スルファメトキサ
     ゾール、スルファジメトキシン、スルファジミジン
   c) イベルメクチン、エプリノメクチン、ドラメクチン、モキシデクチン 

  2)異常畜検査頭数及び結果(平成28年度)

    牛   豚   計 陽性数
簡易検査法3035650
合計3035650

   ※異常畜とは
    病歴や薬剤投与歴を申告して、搬入された家畜や食肉センター内での検査で異常を認め
    精密検査が必要と判断された食肉のことです。

問い合わせ先

保健所 食肉衛生検査所
電話番号:076-257-1402
FAX番号:076-257-2083
syokuniku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。