本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所から蚊媒介感染症について
印刷用ページを表示する
 

蚊媒介感染症について

蚊媒介感染症を予防するためには?

蚊媒介感染症とは、ウイルスを持つ蚊に刺されることによる「デング熱」「ジカウイルス感染症」などの感染症です。感染した人の血を吸った蚊が他の人を刺すと感染が拡がります。
海外では、蚊媒介感染症が多く発生しており、海外旅行等で感染し、帰国後に国内で蚊に刺され、その蚊が他の人を刺した場合に感染する可能性があります。
これらの感染症の多くは日本に広く生息する「ヒトスジシマカ」も媒介できることがわかっています。「ヒトスジシマカ」の活動時期は、5月中旬から10月下旬と言われています。海外旅行時だけでなく、日頃から蚊に刺されない、蚊を増やさないようにすることが大切です。

  蚊による感染症にご注意! (646kbyte)pdf

デング熱について

デングウイルスに感染した人の血を吸った蚊が他の人を刺すことで感染します。ヒトからヒトに直接感染する病気ではありません。
  潜伏期間:2~14日
  症  状:突然の高熱、頭痛、筋肉痛、関節痛、発疹など
  流 行 地:東南アジア、南アジア、中南米等熱帯や亜熱帯全域
       最も日本に近い流行地は台湾

  デング熱に関するQ&A(厚生労働省)
 

ジカウイルス感染症について

ジカウイルスに感染した人の血を吸った蚊が他の人を刺すことで感染します。基本的に、感染したヒトからヒトに直接感染する病気ではありませんが、性行為によって感染する場合があります。
  潜伏期間:2~12日
  症  状:軽度の発熱、発疹、関節痛、筋肉痛、頭痛
  流 行 地:中南米、アフリカ、アジア太平洋地域等
 
 ※妊婦及び妊娠の可能性がある人
  ・妊娠中のジカウイルス感染と胎児の小頭症との関連が示唆されています。
  ・妊婦の方は、流行地への渡航は控えましょう。
  ・性行為感染及び母体から胎児への感染リスクを考慮し、流行地域に滞在中は症状の有無にかかわ
   らず性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることが推奨されています。
   また、流行地から帰国した男女は症状の有無にかかわらず、少なくとも6か月、パートナーが妊
   婦の場合は妊娠期間中、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることが推奨されて
   います。

  ジカウイルス感染症に関するQ&A(厚生労働省)
  ジカウイルス感染症の流行地域(厚生労働省)
 

海外へ渡航される方へ

・流行地に生息している「ネッタイシマカ」や「ヒトスジシマカ」はウイルスを保有している可能性が髙いため、蚊に刺されないように注意しましょう。
・渡航先の感染症流行状況を確認しましょう。

  海外で健康に過ごすために(厚生労働省検疫所) 
 

蚊に刺されないために

・屋外での注意(ヤブや木陰など蚊が発生しやすい場所で活動する場合)
 長袖・長ズボンを着用し、肌を露出しないようにしましょう。
 素足でのサンダル履きは避けましょう。
 ディート(DEET)を含む虫除け剤や蚊取り線香を使用しましょう。
・屋内への蚊の侵入を防ぐ
 扉の開閉を減らし、網戸を使用しましょう。

蚊の発生を減らすために

水中に生息する幼虫(ボウフラ)を退治することが最も有効です。幼虫は植木鉢の受け皿や空き缶・ペットボトルに溜まった水等小さな水たまりに発生しますので、水たまりができないように注意しましょう。
また、雑草は定期的に刈り取り、蚊の住み場所を除去しましょう。
 
 ジカ熱・デング熱の感染もとヒトスジシマカの感染源を叩け!(厚生労働省)
 

問い合わせ先

保健所 地域保健課
電話番号:076-234-5102
FAX番号:076-234-5104
tikiho@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。