本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の金沢市保健所からヨーロッパ地域において麻しん(はしか)の患者が増加しています
印刷用ページを表示する
 

ヨーロッパ地域において麻しん(はしか)の患者が増加しています

 近年、ヨーロッパ地域において麻しん報告数の増加が確認されていますが、今般、特にイタリアとルーマニアにおける報告数の増加が顕著であることが、ECDC(欧州疾病対策センター)から発表されました(ECDC平成29年第32週感染症状況報告より)。
 
○イタリアの状況
 本年8月4日の時点で4,087名の麻しん患者が報告されている(昨年は年間861名)。
○ルーマニアの状況
 本年8月4日の時点で6,486名の麻しん患者が報告されている(昨年は年間1,969名)。
 
麻しんは予防接種で予防できる病気です。予防効果を確実にするためには、2回の接種が必要です。
海外へ渡航される前には、母子健康手帳などで予防接種歴を確認してください。
麻しんにかかったことがない方で予防接種を受けたことがない方や1回しか受けていない方、または予防接種を受けたかどうか分からない方は、予防接種を検討してください。
帰国後は、2週間程度は健康状態(特に、高い熱や全身の発しん、せき、鼻水、目の充血などの症状)に注意しましょう。
 
 
・厚生労働省 麻しんリーフレット(出国前の注意事項) (311kbyte)pdf
・厚生労働省 麻しんリーフレット(帰国後の注意事項) (311kbyte)pdf
・厚生労働省検疫所 ヨーロッパにおける麻しんの流行
・厚生労働省 夏休みにおける海外での感染症予防について
・金沢市ホームページ 麻しんについて
 

問い合わせ先

保健所 地域保健課
電話番号:076-234-5102
FAX番号:076-234-5104
tikiho@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。