本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の環境・ごみ・リサイクルの中の環境政策からかなざわ次世代エネルギーパーク
印刷用ページを表示する
 

かなざわ次世代エネルギーパーク

次世代エネルギーパークとは?

イラスト

 次世代エネルギーパークとは、太陽光や風力などの再生可能エネルギーをはじめとした次世代のエネルギーについて、小学生から高齢者まで国民各層が実際に見てふれる機会を増やすことを通して、地球環境と調和した将来のエネルギーのあり方について理解を深めることを目的とし、次世代エネルギー設備や拠点施設を経済産業省資源エネルギー庁が認定し推進しているものです。

 

かなざわ次世代エネルギーパーク

金沢駅東口広場
金沢駅広場の太陽光パネルの写真

 金沢市では、「エネルギー自立都市」の実現に向けて、これまで個々に再生可能エネルギーの導入を進めてきましたが、まち全体を『かなざわ次世代エネルギーパーク』と位置づけ、再生可能エネルギーの導入計画を総合的に展開し、「金沢らしい」次世代エネルギーのあり方を広くアピールするものであり、金沢市は平成26年度に認定されました。
 

3つの拠点施設を持つかなざわ次世代エネルギーパーク

西部環境エネルギーセンター

西部環境エネルギーセンター
西部環境エネルギーセンター

 平成24年度に稼動をはじめたごみ処理施設。1日に最大340トンのごみを処理することができ、ごみを燃やすことによって発生した熱を利用するバイオマス発電を行っています。
 発電した電気は施設内で使用のほか、余った電気は電力会社へ売電しています。また、余熱利用として施設内や近隣施設に温水を供給しています。
 「見て・ふれて・学べる」環境学習コーナーを備えた拠点施設です。

新エネルギーの種類 : バイオマス(廃棄物)・太陽光
最大発電出力(バイオマス)  7,000kW
最大発電出力(太陽光)       15kW

 
 

戸室リサイクルプラザ

戸室リサイクルプラザ
戸室リサイクルプラザ

 タマゴ型の特徴ある建物屋上にある太陽光発電は、施設使用電力の約半分をまかなっています。また、太陽熱で発生した温水は施設内の浴場でも利用しています。3R(リデュース・リユース・リサイクル)を楽しく学べる環境情報コーナーや、粗大ごみとして出されたもので、まだ使えそうな家具を修理し、再生品として販売する再生品展示コーナーもあります。

新エネルギーの種類 : 太陽光・太陽熱・風力
最大発電出力(太陽光)  70kW
最大発電出力(風力)   0.3kW

 
 

城北水質管理センター

城北水質管理センター
城北水質管理センター

 下水処理の工程で発生するバイオガスを有効利用した発電施設。発電した電力は施設内で使用しています。また、発電時に発生する熱は下水消化タンクの加温に有効利用しています。

新エネルギーの種類 : バイオマス(消化ガス)
最大発電出力(バイオマス)  200kW

 

見どころいっぱいのかなざわ次世代エネルギーパーク!

このほかにも、金沢市にはさまざまな再生可能エネルギー導入施設があります。
【金沢市の再エネマップ】

マップ

①金沢市保健所
  太陽光発電 10kW
②金沢駅広場
  太陽光発電 133.4kW
③金沢市民芸術村
  太陽光発電 10kW
④額谷ふれあい体育館
  太陽光発電 20kW
⑤東部環境エネルギーセンター
  バイオマス発電 3,000kW
⑥本多公園
  水力発電 1kW
⑦大桑防災拠点広場
  太陽光発電 100kW
⑧末浄水場
  水力発電 42kW

 

次世代エネルギーパーク普及啓発事業について

 本事業は、平成26年10月に経済産業省より認定を受けた「かなざわ次世代エネルギーパーク」の普及啓発を行い、「金沢らしい」次世代エネルギーのあり方を市民に広くアピールすることで、再生可能エネルギー及び温暖化防止の理解を深めることを目的としています。
 平成27年度は、「かなざわ次世代エネルギーパーク」施設見学ツアーを4回実施しました。

 

水のまち金沢「食・文化・エネルギー」探訪

上寺津発電所
上寺津発電所

 第1回目のツアーは、全国唯一の市営水力発電所や、本多公園マイクロ水力発電設備等、金沢市の豊富な水資源を活かした水力発電設備導入施設の見学を実施しました。
 〈日 時〉平成27年7月11日(土)10:00~15:30
 〈参加者〉18名
 〈見学先〉①上寺津発電所
      ②末浄水場小水力発電
      ③鈴木大拙館
      ④本多公園マイクロ水力発電
      ⑤中村記念美術館

 参加者からは「これからは水や電気を大事に使おうと思った」、「金沢市で水力発電を
して売電していることを知り、金沢市民としてうれしい」等のご意見をいただきました。
 
 

エネパを巡る「防災・食・文化」探訪

大桑防災拠点広場
大桑防災拠点広場

 第2回目のツアーでは9月の防災月間に合わせ、再生可能エネルギー設備を導入した防災施設等の見学を実施しました。
 〈日 時〉平成27年9月26日(土)10:00~15:30
 〈参加者〉14名
 〈見学先〉①城北水質管理センター
      ②浅野ポンプ場
      ③大桑防災拠点広場
      ④本多公園マイクロ水力発電
      ⑤中村記念美術館

 参加者からは「金沢市がエコに対し積極的に取り組んでいることが分かった」、「防災に
ついて改めて考えたい」等のご意見をいただきました。

 

かなざわ今昔エコバスツアー

金沢湯涌江戸村
金沢湯涌江戸村

 第3回目のツアーは、金沢湯涌江戸村にて江戸時代の暮らしの知恵を見直すとともに、最新型の省エネ住宅の見学を実施しました。
 〈日 時〉平成27年11月29日(日)10:00~15:30
 〈参加者〉20名
 〈見学先〉①金沢湯涌江戸村
      ②いしかわエコハウス
      ③ヤマダ電機スマートハウス

 参加者からは「最近の省エネ住宅の進化ぶりにびっくりした」、「もったいないという
気持ちを思い直して省エネに取り組みたい」等のご意見をいただきました。

 

金沢のまわる食とエネルギー探訪

金沢市戸室リサイクルプラザ
金沢市戸室リサイクルプラザ

 平成27年度最後のツアーは、現代の大量生産・大量消費を見直すことを目的に、展示リニューアルしたばかりの金沢市戸室リサイクルプラザ等の見学を実施しました。
 〈日 時〉平成28年3月5日(土)10:00~15:30
 〈参加者〉20名
 〈見学先〉①城北水質管理センター
      ②金沢蓄音器館
      ③金沢市戸室リサイクルプラザ
 
 参加者からは「あらためてリサイクルをもっと頑張りたい」、「環境に対して少しづつ
でも考え協力したい」等のご意見をいただきました。

 
 
詳しくはこちら

市有施設における再生可能エネルギー等導入状況

問い合わせ先

環境局 環境政策課
電話番号:076-220-2304
FAX番号:076-261-7755
kansei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。