本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の環境・ごみ・リサイクルの中の環境政策から金沢市生物多様性『市民ウォッチャー』募集!
印刷用ページを表示する
 

金沢市生物多様性『市民ウォッチャー』募集!

~「水と緑に育まれたすべての生命が光り輝くまち」をめざして~

目的

イメージ図

 金沢市は山地から砂浜まで様々な自然に囲まれ、多様な動植物が分布しています。そこで、本市の豊かな自然環境を次世代に継承していくため、市民ウォッチャー制度を導入します。市民ウォッチャーからの情報をデータベース化し、これらを活用して希少な生きものを保全し、生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物の駆除や監視等の政策につなげていきます。
 

対象

市民(小学生以下は保護者と一緒にお申し込みください)
登録は無料です。

 

活動の流れ

トントゥ

①申し込み用紙に必要事項を記載し、メール、FAX、郵送などで環境政策課へ送付
     ↓
②研修会に参加(任意)
     ↓
③市民ウォッチャーとして活動
 ・市街地、里山、海岸などへ出かけ、対象となる生きものを見つける
 ・カメラで撮影し、名前や数、場所を記録する
 ・記録内容と写真を環境政策課までメール、FAX、郵送する

詳しくは、募集チラシを参照してください。

申込みは登録申込フォームから登録頂くか、
登録申込用紙をダウンロード(WORD)(PDF)し、FAX・メールしてください。

 

市民ウォッチャーからの情報

平成29年度

平成28年度

平成29年度市民ウォッチャー体験会及び研修会

写真

①市民ウォッチャー体験会
 1.日 時  平成29年8月23日(水) 10:00~12:00
 2.場 所  内川スポーツ広場
 3.内 容  ○市民ウォッチャー制度説明(目的・活動内容等)
        ○川の生きものについての解説
        ○内川スポーツ広場周辺河川敷にて水生生物観察
 4.講 師  いしかわ自然友の会 米田 豊 氏
 ※19名の方にご参加頂きました。

研修風景

 ②市民ウォッチャー研修会
  1.日 時  平成29年8月27日(日) 10:00~12:00
  2.場 所  こなん水辺公園
  3.内 容  ○市民ウォッチャー制度説明(目的・活動内容等)
         ○こなん水辺公園周辺の生きものについての解説
         ○こなん水辺公園内生きもの(昆虫・野鳥・植物等)観察
  4.講 師  河北潟湖沼研究所 理事長 高橋 久 氏
  5.その他  「かなざわ生物多様性ネットワーク自然観察会」合同開催
   ※33名の方にご参加頂きました。

市民ウォッチャー活動マニュアル

 活動内容などをまとめたテキストです。ぜひ一度ご覧ください。
 

金沢版生物多様性戦略について

 本戦略は、生物多様性基本法により策定された生物多様性国家戦略に基づく生物多様性地域戦略であり、金沢市固有の生物多様性の保全と持続可能な利用施策を総合的かつ計画的に推進するために策定されました。
 戦略のリーディング事業として、市民ウォッチャー登録制度を実施しています。

詳細はこちらをご覧ください。

 

問い合わせ先

環境局 環境政策課
電話番号:076-220-2304
FAX番号:076-261-7755
kansei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。