本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の環境・ごみ・リサイクルの中のごみ収集・リサイクルから平成30年2月1日より家庭ごみ有料化制度が始まります
印刷用ページを表示する
 

平成30年2月1日より家庭ごみ有料化制度が始まります

家庭ごみ有料化制度について

 本市では、これまで、ダンボールコンポストや電気式生ごみ処理機の普及、資源ごみの回収拠点の設置、古紙の集団回収の促進、全国平均を上回る6分別による資源ごみ回収など、市民の皆様と協働でごみの減量化や資源化の促進に向けた様々な施策に取り組んできました。
 しかし、近年、家庭ごみの排出量は、ほぼ横ばいで推移しており、また、資源化率も非常に低い水準にあります。
 このことから、喫緊の課題である地球温暖化対策の推進や本市が目指している「ごみの減量と資源循環による持続可能な社会の実現」に向けて、より一層の取り組みが必要となっています。
 家庭ごみ有料化制度は、先行導入自治体で減量化・資源化に一定の効果が認められており、生ごみの堆肥化や古紙回収などと組み合わせて実施することで、市民や事業者の環境意識が高まり、ごみの減量化や資源化率の向上に相乗効果が期待できます。
 また、この制度を導入することにより、費用負担の公平性の確保が図られ、ごみの減量に伴うごみ処理経費の削減をはじめ、今後建て替えが予定される東部環境エネルギーセンターの建設費の削減や戸室新保埋立場の延命化など、将来世代への負担軽減に資するとともに、過剰包装等に対する消費者の意識が高まることにより、販売者や生産者の意識改革にもつながります。
 併せて、事業系廃棄物の処理手数料の見直しや事業所等への指導強化に取り組むなど、事業系廃棄物の更なる減量化・資源化にも努めていきます。
 

制度の内容について

 「燃やすごみ」と「埋立ごみ」を金沢市指定のごみ袋に入れてごみステーションに出す制度です。

【指定ごみ袋の種類と価格】
 
指定ごみ袋のサイズ 1枚当たりの価格
(1リットル当たり1円)
販売価格(税込)
(10枚セット)
5リットル5円50円
10リットル10円100円
20リットル20円200円
30リットル30円300円
45リットル45円450円
※指定ごみ袋の取扱場所については、決まり次第お知らせいたします。
 

制度開始日について

 平成30年2月1日(木)
 

家庭ごみ有料化制度説明会について

 家庭ごみ有料化制度の周知のため、平成29年4月~5月に「まちづくりミーティング」を実施し、現在、校下(地区)、町会、婦人会、大学、マンション管理組合、各種団体等を対象とした説明会を開催しています。
 説明会の開催を希望される場合は、下記お問合せ先までご連絡ください。
 

ごみの減量化・資源化について
説明会動画「ごみの減量化・資源化について」(16分42秒)

問い合わせ先

環境局 リサイクル推進課
電話番号:076-220-2302
FAX番号:076-261-7755
recycle@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。