本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の都市計画からその他の地区
印刷用ページを表示する
 

その他の地区

1. 駐車場整備地区

駐車場整備地区は、市街地における自動車交通が輻輳する地区で道路の効用を保持し、円滑な道路交通を確保するために定め、駐車施設の整備を促進する地区です。駐車場整備地区において、建築物を新築・増築又は用途変更する場合は、敷地内に「建築物の駐車施設に関する条例 」により決められた台数以上の自動車を駐車させることができる規模を有する駐車場施設を附置しなければなりません。また、駐車場を附置する際には事前に届出が必要となります。

名称 面積 計画決定年月日
金沢市都心部地区673haH6.10.21

駐車場整備地区位置図 (PDF形式:827kbyte)pdf
※詳しくは、交通政策課(Tel 220-2038)まで、お問い合わせください。
金沢の交通政策のホームページ(「駐車場」の項目)

2. 臨港地区

臨港地区は、港湾の機能を十分発揮できるように、また港湾背後の保護育成を図るため定める地区です。

臨港名 面積
( )は金沢市分
計画決定年月日 変更概要
金沢港 322(321)haS50.10.11新規
328(327)haH17.10.21西地区の拡大
392(391)haH20.5.16大浜地区、北地区の拡大
400(399)haH21.6.2御供田地区、近岡地区の拡大

港湾地区内において施設の建設又は改良等に行為を行う場合は、事前に届出が必要な場合があります。詳しくは、金沢港湾事務所(268-1201)又は石川県土木部港湾課(225-1746)にお問い合わせ下さい。

臨港地区位置図 (PDF形式:169kbyte)pdf
臨港地区内の行為の届出についてのホームページ

3. 特別緑地保全地区

特別緑地保全地区は、都市の無秩序な拡大の防止に資する緑地、都市の歴史的・文化的な価値を有する緑地、生態系に配慮したまちづくりのための動植物の生息、生育地となる緑地等の保全を図る地区です。
本市では、犀川、浅野川沿いに形成されている河岸段丘斜面緑地を守り育てるために、都市緑地法に基づく特別緑地保全地区に指定しています。
このため、特別緑地保全地区において次に掲げる行為を行う場合には、事前に「都市緑地法」に基づく許可が必要となります。

  1. 建築物その他の工作物の新築、改築又は増築
  2. 宅地の造成、土地の開墾、土石の採取、鉱物の採取その他の土地の形質の変更
  3. 木竹の伐採
  4. 水面の埋立て又は干拓
名称 面積 計画決定年月日 備考
寺町段丘台地犀川側
斜面緑地保全地区
2.1haH11.5.11新規:西大桑、法島町地内
小立野段丘台地犀川側
斜面緑地保全地区
2.7haH9.4.1新規(0.7ha):錦町地内(錦町緑地保全地区)
H10.5.11地区拡大・名称変更(2.0ha):大桑町、錦町、涌波町、涌波4丁目地内の追加
H14.12.11地区拡大(2.7ha):石引4丁目、本多町2丁目地内の追加
小立野段丘台地浅野川側
斜面緑地保全地区
3.7haH12.2.14新規(1.2ha):小立野2丁目地内
H12.8.11地区拡大(2.3ha):小立野5丁目地内の追加
H13.3.1地区拡大(3.7ha):小立野2丁目地内の追加
8.5ha  

特別緑地保全地区位置図 (PDF形式:858kbyte)pdf
※詳しくは金沢市緑と花の課(220-2356)まで、お問い合わせ下さい。

4. 生産緑地地区

生産緑地地区は、市街化区域内のうち、公害又は災害の防止、農林漁業と調和した都市環境の保全等、良好な生活環境の確保に効果があり、かつ公共施設等の敷地に適する土地に定める地区です。
このため、公共施設等の敷地に供される場合を除き、農地等として保全することが義務付けられている地域です。農林漁業を営むために必要な一定の行為で生活環境の悪化をもたらすことのないものに限り許可されることになります。

種別 地区名 面積 計画決定年月日
生産緑地地区新保本0.1haH5.1.11

※生産緑地地区位置図 (PDF形式:651kbyte)pdf

5. 伝統的建造物群保存地区

伝統的建造物群保存地区は、伝統的な集落や街並みの景観を保存し、今の時代に生きる現役の生活の舞台として整備し、次世代に伝えることが必要な地区であり、文化財保護法により保全するものです。
このため、伝統的建造物群保存地区において、次に掲げる行為を行う場合は事前に「金沢市伝統的建造物群保存地区保存条例」 に基づく許可が必要となります。

  1. 建築物等の新築、増築、改築、移転又は除却
  2. 建築物等の修繕、模様替え又は色彩の変更でその外観を変更することとなるもの
  3. 宅地の造成その他の土地の形質の変更
  4. 木竹の伐採
  5. 土石類の採取
  6. 水面の埋立て
名称 面積 計画決定年月日 備考
東山ひがし伝統的建造物群保存地区 1.8haH13.5.1ひがし茶屋街(東山1丁目)
主計町伝統的建造物群保存地区 0.6haH15.4.1主計町茶屋街(主計町)
卯辰山麓伝統的建造物群保存地区 22.1haH23.4.1卯辰山麓(鶯町、子来町、東山1丁目、東山2丁目及び山の上町の各一部)
寺町台伝統的建造物群保存地区 22.0haH24.4.10金沢市野町1丁目、野町3丁目、弥生1丁目、寺町3丁目、寺町4丁目及び寺町5丁目の各一部
合計 46.5ha  

伝統的建造物群保存地区位置図(東山ひがし、主計町、卯辰山麓) (PDF形式:627kbyte)pdf
伝統的建造物群保存地区位置図(寺町台) (PDF形式:787kbyte)pdf
※詳しくは、歴史建造物整備課(Tel 220-2208)までお問い合わせください。

6. 景観地区

景観地区は、市街地の良好な景観の形成を図るために定めるものです。景観地区内の建築物等は、都市計画に定められた建築物の形態意匠の制限の他、金沢市における美しい景観のまちづくりに関する条例に基づく制限に適合するものでなければなりません。
このため、景観地区内で次に掲げる行為を行う場合は、事前に市長の認定(許可)が必要となります。
  1. 建築物の新築、増築、改築、移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
  2. 工作物の新設、増築、改築、移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
  3. 土地の開墾その他の土地の区画形質の変更
  4. 木竹の伐採又は物件の堆積
  5. 開発行為(景観計画区域内行為の届出)
名称 面積 計画決定年月日 備考 内容 区域
長町景観地区7.7haH26.7.1長町1丁目、長町2丁目、長町3丁目及び片町2丁目の各一部内容(PDF形式:125kbyte)区域(PDF形式:891kbyte)
※都市計画の内容の他、「金沢市における美しい景観のまちづくりに関する条例」に基づく制限があります。
※詳しくは、景観政策課(Tel 220-2364)までお問い合わせください。
 

問い合わせ先

都市整備局 都市計画課
電話番号:076-220-2351
FAX番号:076-222-5119
tokei@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。