本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の建築から長期優良住宅の認定について
印刷用ページを表示する
 

長期優良住宅の認定について

長期優良住宅法 (長期優良住宅の普及の促進に関する法律)

趣旨

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、良質な住宅が長期にわたり良好な状態で使用されることにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減するために、優良な住宅の普及を促進し、より豊かな国民生活の実現と、我が国の経済の健全な発展に寄与することを目的としています。

制度の概要

1. 長期優良住宅の認定及び認定基準

長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。
申請をされると、法律で定める基準に基づき、長期優良住宅としての性能等を認定します。
認定の基準には、劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境との調和、住戸面積、維持管理計画等の項目があります。

※住宅性能表示制度の改正に伴う長期優良住宅の認定手続きについて
平成26年2月25日に「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」の一部が改正され、省エネルギー対策については平成27年4月1日より、「省エネルギー対策等級(旧基準)」から「断熱等性能等級(新基準)」に移行しました。
 このことに伴い、金沢市においては「旧基準」で技術的審査の適合証の交付を受けている場合は4月1日以降認定申請を行うことができなくなりますのでご注意下さい。なお、「旧基準」を適用して既に認定を受けている住宅については平成27年4月1日以降であっても、「旧基準」を適用して変更認定申請を行うことができます。 

※増改築に係る認定申請について
平成28年4月1日より、既存住宅の増改築に係る認定申請ができるようになりました。それに伴い、増改築にかかる認定申請手数料を追加しました。手数料の詳細は下記の認定申請手数料をご覧ください。

基準の詳しい内容についてはホームページ下のリンク先、国土交通省のホームページをご覧下さい。

2. 長期優良住宅の維持保全

30年間以上にわたる構造上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分、住宅の給水・排水設備についての維持保全計画

長期優良住宅
画像をクリックで拡大表示できます

3. 税の特例

長期優良住宅に認定され、新築した住宅については、税制上の優遇措置があります。
詳しくは、下記までお問い合わせください。

【所得税、登録免許税】
お問い合わせ先 :金沢税務署  
電話番号 076-261-3221

【不動産取得税】
お問い合わせ先 : 金沢県税事務所  
電話番号 076-263-8833

【固定資産税】
お問い合わせ先 : 金沢市役所 資産税課
電話番号 076-220-2156

認定申請の手続き

お知らせ
 平成27年4月1日より長期優良住宅の認定において設計住宅性能評価書を活用した申請ができるようになりました(下記パターンⅢ)。手続きの流れ、手数料については下記リンク先をご覧下さい。

認定申請書の様式

技術的審査の活用範囲

認定申請に係る手数料

金沢市が定める居住環境基準

長期優良住宅法の施行日

平成21年6月4日

その他

長期優良住宅法 (長期優良住宅の普及の促進に関する法律)についての詳しい情報は、国土交通省のホームページをご覧ください。

 長期優良住宅の維持保全の必要性や関連する技術等の情報については長期優良住宅普及促進コンソーシアムのホームページをご覧ください。

問い合わせ先

都市整備局 定住促進部 建築指導課
電話番号:076-220-2326
FAX番号:076-220-2134
kenchiku@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。