本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の金沢の景観の中の景観施策・制度から市民会議
印刷用ページを表示する
 

市民会議

金沢の景観を考える市民会議

金沢市は美しいまちなみを守るため昭和43年に全国に先駆けて「伝統環境保存条例」を制定し、以降、様々な施策により市民の皆様とともに景観まちづくりに取り組んできました。

第5回市民会議では、下記のとおり景観に関するボランティアである景観サポーター・みまもりたいの活動報告や、川筋景観の魅力についての講演、パネルディスカッションを行い、多くの市民の皆さんと一緒に金沢の景観の魅力について考えました。
 


 

    1.  名 称  第5回 金沢の景観を考える市民会議~川筋景観の魅力を考えよう~
    2.  日 時  平成29年2月25日(土) 午後1時30分~午後4時(開場午後1時)
    3.  会 場  金沢歌劇座(金沢市下本多町6番丁27番地) 2階 大集会室
    4.  内 容
    (1)金沢市景観サポーター・みまもりたいの活動報告
      ・金沢市景観サポーター・みまもりたいの概要
      ・ 街のうるおいー街の中の自然
      ・ 金沢らしい景観を支える看板
      ・ 街の記憶~高度経済成長期の建物たち~
      ・樹木を通して感じる金沢らしい風情ある景観
      ・ 現代建築とまちなみ 
      
    (2)講演 近田 玲子(照明デザイナー)
                 「橋梁照明による風情のある川筋景観形成」         
                                    
    (3)パネルディスカッション「川筋景観の魅力を考える」
       コーディネーター
        川﨑 寧史(金沢市景観審議会委員、金沢工業大学教授)
       パネリスト
        近田 玲子(照明デザイナー)
        小林 史彦(金沢市景観審議会委員、金沢大学講師)
        小間井 隆幸(金沢片町まちづくり会議前会長)
        川端 すぎな(金沢市景観みまもりたい)
              
             (4)茶話会                                                 
  5.  参加者  約120名
 

市民会議写真01
景観サポーター・みまもりたいの活動報告の様子

市民会議写真02
パネルディスカッションの様子

お問い合わせ先

都市整備局 景観政策課
電話番号:076-220-2364
FAX番号:076-224-5046
keikan@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。