本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の住まい・交通・まちづくりの中の道路から狭あい道路拡幅整備モデル事業
印刷用ページを表示する
 

狭あい道路拡幅整備モデル事業

安心・安全で住みよいまちづくりのために

 私たちの身近にある生活道路は、住みよい環境を守る上で重要な役割を担っています。
 しかし、市内には幅員4mに満たない道路(狭あい道路)が数多く存在し、消防・救急活動など防災面のほか、日照、通風など住環境の上でも大きな障害となっています。
 このような狭あい道路の解消を目指し、金沢市では、対象地区を定め、平成24年度から、「狭あい道路拡 幅整備モデル事業」として、狭あい道路の拡幅整備に対して支援する制度をスタートしています。

狭あい道路拡幅整備モデル事業とは?

 狭あい道路に面して建築物を建築する場合には、建築基準法により、建築物や塀等の位置を道路中心線から2m以上後退させることが義務づけられています。(この後退部分を「後退用地」といいます。)
 この事業は、建築主等や土地所有者のご協力により、後退用地や狭あい道路の交差部の隅切り部分を道路用地として提供して頂いた場合に、金沢市が、用地取得、測量・分筆及び整備等に対する支援を行い、幅員4mの防災道路として整備を行うものです。

この事業の対象は?

 事業の対象は、「金沢市における災害に強い都市整備の推進に関する条例」に基づく防災まちづくり協定を締結済みの地区(金石西地区、横山町地区、森山地区)の狭あい道路のうち、金沢市の所有する道路沿いで、後退用地や狭あい道路が交差する隅切り部の用地提供に協力が得られる箇所です。
 なお、都市計画法第29条の「開発行為」に伴う道路拡幅は対象外となります。

市が支援する内容は?

 金沢市の支援する内容は、以下の表の○印の部分です。

  後退用地 隅切り用地 測量・分筆 登記 工作物撤去 整備・管理
用地提供の場合
防災道路の場合のみ対象

水道、下水道、ガス管は移設、門、塀、擁壁等は撤去のみ対象
無償使用の場市が地上権設定市が地上権設定
(可能な場合)

(可能な場合)

水道、下水道、ガス管は移設、門、塀、擁壁等は撤去のみ対象

支援制度イメージ図

支援制度イメージ図

お問い合せ先

助成制度や整備に関すること 土木局道路管理課生活道路室Tel 076-220-2578
防災まちづくりに関すること 都市整備局市街地再生課Tel 076-220-2675
建築確認申請に関すること 都市整備局建築指導課Tel 076-220-2329

問い合わせ先

土木局 生活道路室
電話番号:076-220-2578
FAX番号:076-220-2274
dourokanri@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。