本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の市立病院から病院長挨拶 トップページ
印刷用ページを表示する
臨床研修医募集

 

病院長挨拶 トップページ

病院長よりご挨拶

金沢市立病院長 高田 重男
金沢市立病院長 高田 重男

金沢市立病院は、明治33年3月の「金沢市伝染病隔離所の設置」に始まる、開設以来110年を経過する伝統ある病院です。
市立病院の基本理念は、「市民の生命と健康を守るため、地域のニーズを反映し市民に信頼される質の高い病院をめざす」です。真の意味で地域住民の方々、患者さんを中心とした新しいタイプの地域連携型病院(地域住民の生活の場としての病院)を目指しております。

病院の規模は、一般病床280床、結核病床25床、感染症病床6床の計311床で、診療科は18診療科あります。一時休診していた小児科は平成19年10月から、産科は平成20年4月から再開しました。

当院では、平成19年から病院経営改善への取り組みを行っております。その目的は「住民の方や患者さんへ提供する保健・医療の質をいかに向上させるか」であり、そのために必要となる「経営の効率化」を行うものです。現在、病院職員一丸で取り組んでおり、9年間続いた経常収支の赤字も、平成19、20年度と黒字に改善しております。平成20年度末に行った外部評価でも、病院経営改善に一定の評価をいただいております。

現在行っている病院経営改善の取り組みをご紹介いたします。

1. 地域住民の生活の場としての病院

自治体病院は、地域住民のための病院であり、市立病院は地域を支える病院、地域の人に支えられる病院を目指しています。住民の方々の生活の場、地域の生活の場となるため、「小学校、”かかりつけ医”及び公民館などへの出前講座」、「金沢美術工芸大学との共同研究として『ホスピタリティー・アート プロジェクト』」などを行っています。それらの取り組みに対して、市民の方々の御意見や新たな企画を賜われれば幸いであると考えております。

2. 地域連携病院としての機能強化

地域連携病院としての機能を強化するため、入院センター、退院支援室及び福祉相談室を地域連携室に統合し、専任者の配置や担当職員の増加を行うなど、地域連携室の拡充を行いました。現在、医師1名、看護師2名、事務7名が所属しております。また、タッチパネル方式の登録医紹介システムを導入し、来院者の皆様が気軽にお近くの”かかりつけ医”を探せる環境を整えました。

3. 急性期病院としての機能強化とセンターの設置

当院は、急性期病院であり、年間を通して内科系、外科系医師各1名の当直体制を取り、24時間、急性期患者の受け入れを積極的に行っております。「救急の患者さんを断らない」が当院のモットーです。
その他、診療科横断的に総合的疾患管理を行うためセンター化を進めております。現在、「メタボリックシンドロームセンター」、「呼吸器センター」を設置しています。センター化により、医師間の連携及び医療スタッフ間の連携が円滑に行われ総合的な診療が可能となります。
メタボリックシンドロームセンターでは、糖尿病・循環器・腎臓・呼吸器の専門医師、看護師、管理栄養士、薬剤師等が連携し診療に当たっています。診断、治療、生活習慣の改善等の総合的な診療を行っています。
呼吸器センターでは、呼吸器専門医に糖尿病・循環器の医師が参加し、肺がん、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群等の幅広い呼吸器疾患に対応しています。
今後、脳神経外科医と神経内科医の連携による脳センターと、消化器内科と消化器外科の連携による消化器センターの設置を予定しております。

4. 急性期病院としての機能強化とセンターの設置

先進医療、チーム医療の充実を病院の中心的課題としております。新しい診断・治療法を導入すると共に、医師のみならず、看護師、管理栄養士、薬剤師等の医療スタッフがチームを組み医療を行うことを目指しています。具体的な取り組みとしまして、現在、管理栄養士及び看護師等による「メタボリック症候群支援外来」、助産師による「助産師外来」を行っています。

5. 医療スタッフの教育

医学・医療の進歩は目覚ましく、それに対応するため医療スタッフの教育活動を積極的に行っております。平成20年度には「管理型初期臨床研修病院」の資格を取得しました。また、看護部には看護師の教育を担当する専任部署として「教育開発室」を設置しました。医療スタッフの初期研修や生涯教育を病院全体で取り組んでいます。

6. 管理運営組織の明確化、迅速化と経営の効率化

意思決定機関として「病院管理会議」及び「科長会議」を置いています。その中で、各々の管掌範囲及び各会議メンバーの責任業務範囲を明確化し、病院経営に関して迅速な意志決定を行える体制となっています。
また、病院長のもとには、中堅グループを主体に「経営企画会議」と若手を中心とした「広報・環境ワーキング」を設け、新しいアイデアを病院の運営に反映させる仕組みも整えました。
その他、病院職員であれば誰でも参加できる「運営会議」を毎月開催するとともに、病院管理会議議事録をグループウェア上で公開するなど、風通しの良い院内環境整備に努めています。

医療の質を改善するためには、経営の効率化が重要です。事業計画に数値目標を掲げ、職員一丸となり効率的な病院経営、透明性のある病院運営目指しており、徐々に成果を上げております。今後も、経営の効率化を提供する医療の質の改善に結びつけるよう努力します。
自治体病院として、市民の生命と健康を守るため、今度もより良い病院としてく努力を職員一丸となり取り組んでいく覚悟であります。今後も皆様方のご指導、ご助言をよろしくお願いいたします。

問い合わせ先

金沢市立病院(代表)
電話番号:076-245-2600
FAX番号:076-245-2690
byouin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。