本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の健康・医療・衛生の中の市立病院から研修医を募集します。
印刷用ページを表示する
臨床研修医募集

 

研修医を募集します。

研修医を募集します。

あなたが目指す医療人への第一歩を、ここから始めませんか。

金沢市立病院概要

金沢市立病院は、明治33年3月の開設以来110年を経た伝統ある病院です。
市立病院の基本理念は、「地域ニーズを反映し、市民に信頼される『質の高い地域連携型病院』を目指す」です。
真の意味で地域住民の方々、患者さんを中心とした新しいタイプの地域連携型病院(地域住民の生活の場としての病院)を目指しております。
病院の規模は、一般病床280床、結核病床25床、感染症病床6床の計311床で、診療科は20診療科あります。一時休診していた小児科は平成19年10月から、産科は平成20年4月から再開し、積極的な医療を展開しています。

本院の特徴

  1. 市立病院は地域を支える病院、地域の人に支えられる病院を目指しています。住民の方々の生活の場、地域の生活の場となるため、「小学校、“かかりつけ医”及び公民館などへの出前講座」、「金沢美術工芸大学との共同研究として『ホスピタリティー・アート プロジェクト』」「加賀野菜を取り入れた病院食の提供」などを行っています。 患者さんを中心とした医療の提供を展開するために、かかりつけ医、保健施設、福祉施設、介護施設をはじめ、地域住民(ボランティア)、先進医療機関との連携も含めた「新しいタイプの地域連携型病院」としての機能を強化しています。
  2. 急性期病院であり、24時間、急性期患者の受け入れを積極的に行っています。休日・夜間も年間を通して内科系、外科系医師各1名の当直、その他に各科担当医による対応体制を整えています。平成23年の救急外来受診者数は7,420名(1日あたり20.3名)です。そのうち救急車搬送患者は1,881名(1日あたり5.1名)で金沢市救急搬送の7名に1名が当院に搬送されていることになります。その他、医師間の連携及び医療スタッフ間の連携を円滑し、診療科横断的に総合的疾患管理を行うためセンター化を進めております。現在、「メタボリックシンドロームセンター」、「呼吸器・睡眠センター」「脳センター」を設置しています。センター化により、総合的な診療が可能となります。
  3. 先進医療、チーム医療の充実を病院の中心的課題としております。新しい診断・治療法を導入すると共に、医師のみならず、看護師、管理栄養士、薬剤師等の医療スタッフがチームを組み医療を行うことを目指しています。
  4. 医療スタッフの教育 医学・医療の進歩は目覚ましく、それに対応するため医療スタッフの教育活動を積極的に行っております。

お問い合わせ先

金沢市立病院(代表)
電話番号:076-245-2600
FAX番号:076-245-2690
byouin@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。