本文へジャンプ
 

金沢市

 
  • ENGLISH
  • 中文
  • 한국어
  • OTHERS
文字を拡大する文字を標準にする文字を縮小する
  • よくある質問 
  • 読み上げ・拡大(ホームページ閲覧補助ソフト) 
  • サイトマップ 
  • サイト内検索
観光トップへ
現在位置:トップの中の子育て・教育・スポーツの中の高峰譲吉博士顕彰会から高峰譲吉博士略年譜
印刷用ページを表示する

The Dr. Takamine Jokichi Memorial Foundation

 

高峰譲吉博士略年譜

高峰譲吉博士略年譜

高峰譲吉博士、野口英世博士、東郷平八郎元帥

高峰譲吉博士(後列の左から3人目)
野口英世博士(前列の左から4人目、婦人の左隣)
東郷平八郎元帥(前列右から3人目、白い軍服を着て立っている人)

(らかんスタジオ提供)
 

西暦 年号 業績他
1854年 安政 元 11月3日高岡にて高峰精一の長男として生まれる。
1855年 2 金沢市大手町(旧梅本町)に移住する。
1862年 文久 2 藩校「明倫堂」入学する。
1865年 慶応 元 加賀藩から選ばれて長崎に留学する。
1868年 明治 元 京都の兵学塾、大阪の緒方塾に入学する。
1869年 2 大阪医学校、大阪舎密(せいみ)学校に学ぶ。
1873年 6 工部大学校(東京大学工学部)入学する。
1879年 12 工部大学校を首席で卒業する。
1880年 13 工部省から3年間イギリスに留学を命ぜられる。
1883年 16 日本に帰り農商務省に勤める。
1884年 17 米国ニュー・オリンズ万国博覧会に事務官として渡米する。
カロライン・ヒッチと婚約する。
1886年 19 東京人造肥料会社をつくる。
1887年 20 カロラインと結婚する。
1890年 23 高峰式元麹改良法特許となる。渡米する。
1893年 26 ピオリアでモルト業者から迫害をうける。
1894年 27 タカジアスターゼを発明し、特許を得る。
1899年 32 工学博士の学位をうける。
1900年 33 アドレナリンの結晶抽出に成功する。
1905年 38 ニューヨークに日本人クラブを創設、初代会長となる。
1906年 39 日本に帰り薬学博士の学位を受ける。
1912年 45 ニューヨーク市リバーサイドドライブに本邸を竣工。
帝国学士院賞をうける。
1913年 大正 2 三共株式会社初代社長となる。
1917年 6 理化学研究所理事となる。
1921年 10 渋沢栄一の要請により、ワシントン平和会議参列の日本委員団を接待。
1922年 11 7月22日、68歳で逝去。
正四位勲三等瑞宝賞を受ける。

お問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 学校指導課
電話番号:076-220-2436
FAX番号:076-223-4602
gakkou_k@city.kanazawa.lg.jp

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。